漫チェスターP  〜 Fリーグへの道 〜

漫才協会フットサル部の軌跡を記す
好発進 〜1/29 ウルトラビギナー大会〜
0

    於:代々木フットサルコート

     

    昨シーズン、歓喜の初優勝を遂げたことに気を良くし、Jリーグより1か月も早く開幕することにした漫Pの今シーズン。

    しかし、冷静になって昨シーズンの通算成績を振り返ってみると、4勝止まり(41敗)で得失点差マイナス97・・・

    初優勝のドサクサで記憶から消そうとしたが、これが漫Pの現実だ。

    今シーズンは、勝ち数増加と得失点差の改善が急務だ。

     

    しかし、頼みのダッシュ三浦(左利き)が欠場し、生粋のディフェンダーが堀内(キープランニング)ただ一人の状態。

    守備に大きな不安を抱えた中、漫Pは今季緒戦に臨んだ。

     

    結果はコチラ

     

    最近ディフェンスに目覚めた和出(キラーコンテンツ)と、本来攻めの選手の山崎(浅草演芸ホール)と(カンカラ三線)が下がり目で守備を引き締める。

    ディフェンス陣の安定で、還暦間近のGK山本さん(役者)もノーミスを続ける。

    そして、元々攻撃的選手の彼らは、後方から精度の高いパスを供給。

    前線で井上(ジョーカー)が仕掛け、ふるやいなや(スーパーニュウニュウ)が狂犬のようにゴールを狙い続ける。

    面白いようにパスがつながりだしたチームは、ついに第三試合で爆発する。

    和出の超久々のマラゴールを皮切りに、井上が超絶ハットトリック

    何年か分のケチャップがドバドバと噴出した漫Pは、漫P史に残る6−0の勝利を飾ったのだ。

    勢いに乗ったチームは、同じ相手に3位決定戦でも見事に勝利し3位の座を確保。

    しかし、順位以上に、昨年1年間での通算勝ち数の半分に当たる2勝をシーズン緒戦で挙げたことが素晴らしい。

    しかも、得失点差をプラスで終えたこと(プラス5)は、とんでもない快挙だ!

     

    バルサのようにゴールキーパーから美しくパスをつなぐ新生漫P。

    この日の出来をもとに、今シーズンの目標を通算勝利数10得失点差マイナス50以上に設定する。

    今季の漫Pは強気だ!

     

    選手評

    和出(キラーコンテンツ)      冷静にマラゴールゲット!出場は正確体内時計できっちり3分ずつ!

    堀内(キープランニング)      完璧にディフェンスラインを統率!予測できないのは相方山本の行動だけだ!

    山崎(浅草演芸ホール)       第一試合で起死回生の同点ゴール!今後も仕事より漫Pファーストを望む!

    井上(ジョーカー)MVP       ハットトリック含む5得点!前節の、私生活の乱れによる欠場を帳消しに!

    山本さん(役者)          全試合ノーミスで、わずか4失点(4試合)!スーパーGK加入のうわさで覚醒か?

    (カンカラ三線)         相手チームに中学校時代の同級生が!童顔の岡は、同級生の息子に見えた!

    ふるやいなや(スーパーニュウニュウ)コントの時と同じ狂った目でボールを追う!得点もブレイクも目前だ!

     

    シュート数はすごかったふるやいなや

    やみくも過ぎて今季初ゴールはお預けに

     

    今季の得点王を争うであろう井上(左)と岡

    負けたら岡は丸刈りだ!

     

    昨季、終身名誉監督ぴろき賞で贈呈されたぴろきさんのジャンパーを律儀に着た和出

     

    決められた場所でたばこを吸う漫Pの良心・山崎(左)と堀内

     

    大量得点に目が線になるマネージャーのメグミさん

     

    身体もユニフォームもボロボロになるまで頑張る山本さん

     

    反省会では反省が一つも出なかった

     

    今シーズン通算得失点差 プラス5!

     

     

     

    | 宮田陽 | 大会 | 14:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    成 〜12/29 ソサイチウルトラビギナー大会〜
    0

      於:西武ドームサッカーパーク

       

      オリンピックで金メダルラッシュに沸いた今年の漢字は「」。

      漫Pも、悲願の”ちゃんとした”初優勝を成し遂げ、「金」にふさわしい一年だった。

      そして、輝かしい一年を有終の美で締めくくるべく、万全の態勢で今季最終戦のソサイチ(7人制)大会に臨んだ。

       

      結果はコチラ

       

      万全は、もろくも崩れた。

      先月の大会で負傷したダッシュ三浦(左利き)が、回復が遅れ無念の欠場。

      運動量が求められるソサイチで、頼みの綱を失うことに。

      更に、長谷川(キラーコンテンツ)が風邪で急きょ欠場。

      なぜかソサイチでは守備に冴えを見せていただけに、痛手となる。

      更に更に、エース井上(ジョーカー)が私生活の乱れから欠場を余儀なくされる。

      もう私の手には負えない・・・

       

      そんな中、チームは頑張りをみせた。

      ケンさん(Wリンダ)の見事なポストプレーから(カンカラ三線)が冷静にゴール。

      山崎くん(浅草演芸ホール)の圧巻ハットトリック。

      堀内(キープランニング)が最終ラインから効果的にボールを配給。

      何故か敵が勝手に寄ってきて、動かずしてボールを奪取する和出(キラーコンテンツ)の不思議ディフェンス。

      堀江(シンシナティ)は入部時の50倍走り、青沼(Wアップ)と山本さん(役者)は負傷した。

      しかし、一人少ない敵チームにも走り負け、つまらないミスから失点のいつものパターンに。

      最後はケンさんがひじ打ちを食らいシュートを外す、いつかのデジャブで試合終了・・・

       

      漫Pは、結局また低迷期に突入したのか?

      否!確実に成長している。

      ひじ打ちを食らったケンさんが、相手を恫喝しなかった!

      長谷川が、欠場を事前にメールで伝えてきた!

      訳あってお金がなかった堀江に、堀内がお金をかしてあげた!

      サッカーは人間性が如実に表れるスポーツ。

      人として成長し、一般常識を身につけだした漫P部員達。

      来季は皆さんに、成熟した大人の漫Pをお見せすることを約束する!

       

      こうして、今年の漫Pの漢字は「」に決まった。

      ちなみに、次点は「」だった。

       

      とにかく、今シーズンは終わった・・・

       

      選手評

      山本(役者)      足を削られロングシュートを決められる!西武ドームはやはり鬼門だ!

      堀内(キープランニング)守備も金銭も献身的!マゾかもしれない!

      青沼(Wアップ)    身体を張ったプレーで肩を負傷!万来寄席の司会に影響でるか?

      堀江(シンシナティ)  この日もGKとの二刀流!漫Pの大谷は線が細い!

      山崎(浅草演芸ホール) ハットトリックを含む4得点!来季も仕事<漫Pをお願いする!

      岡(カンカラ三線)   1得点にとどまる!来季は長髪にし漫Pのイブラヒモビッチで得点量産だ!

      ケン(Wリンダ)    絶妙ポストプレーに自ら「漫Pの高木」宣言!古い!

      和出(キラーコンテンツ)何故敵が寄ってくるのか?強烈なフェロモンがでているに違いない!

       

      恋ダンスを踊る岡

       

      和出(左)のフェロモンに山本さんもひきつけられる

       

      時代に逆行する部員達

       

      なにも成し遂げられなかった部員達

       

      大会終了間際にやってきて、男達にチヤホヤされる漫女・エミさん

       

      今シーズン通算得失点差 マイナス97

       

       

       

         

       

       

       

       

       

       

       

      | 宮田陽 | 大会 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      マラドーナ復活! 〜11/26 ウルトラビギナー大会〜
      0

         

        コパ・スダメリカーナ決勝の地へ向かっていた、ブラジルのシャペコエンセの選手らを乗せた飛行機が墜落。

        Jリーグで活躍した選手・監督を含む多くのメンバーが命を落としてしまった。

        セレッソやジェフで活躍したケンぺス選手も天に召されてしまった。

        以前練習を見学に行った時、ギリギリに到着し、僕らの目の前をニコニコと練習場に飛び出していったケンぺス選手・・・

        弱小ながら奇跡の決勝進出を果たした”ブラジルのレスター”シャペコエンセの全ての方々のご冥福をお祈りいたします。

         

         

        於:ROX・3Gスーパーマルチコート

         

        優勝はしたものの、今季わずか3勝(35敗)どまりの漫P。

        若手は徐々に伸びてきたが、ベテラン陣の衰えは深刻だ。

        その象徴が和出(キラーコンテンツ)だろう。

        身体に似合わぬ動きとふてぶてしさでスーパーゴールを連発し”漫Pのマラドーナ(現在の)”と言われたのも今は昔。

        現在は運動量も激減し、開始3分きっかりに交代を申し出る”人間砂時計”に成り下がってしまった和出。

        果たして今大会、和出に変化は起きたのか?

         

        結果はコチラ

         

        昔の和出が帰ってきた!

        読みの良いディフェンスでボールをカットすると一気に前線に駆け上がる。

        そして味方からのクロスに、なんと”神の手”ゴールを狙ったのだ!

        あまりにあからさまだった”和出の手”は、あっさり審判にバレ、イエローカードをもらったが、これが和出だ。

        その後も攻守に躍動した和出は、11分の試合でなんとフル出場を果たす。

        和出に感化されたチームも順位決定戦で勝利し、今季4勝目を挙げ3位に滑り込んだ。

         

        頭髪は衰えジダン(昔の)化が進むが、突然変異で体力はV字回復した和出。

        マラドーナ改め”漫Pのマラジダン”の今後に注目だ!

         

        選手評

        ダッシュ三浦(左利き)   緒戦2分で負傷退場!漫才協会乗っ取り計画も一旦凍結!

        佐々木くん         ダッシュが連れてきた助っ人が、ダッシュの穴を完璧に埋める!岩手代表は本物だ!

        堀江(シンシナティ)    GK・フィールド両方で躍動!井上(ジョーカー)との日々で成長中だ!

        山崎(浅草演芸ホール)   チームを救うゴール連発!演芸ホールさん、また休みを認めてください!

        齋藤くん          シュートミス連発!悲しい背中で浅草の街に消える!

        山本さん(役者)      ノーミスで終える!気持ち良く飲酒後、仕事の打ち合わせに消える!

        MVP和出(キラーコンテンツ)新星マラジダン誕生!消える直前のロウソクでないことを祈る!

         

        無念の負傷離脱のダッシュ三浦

        一躍守備の要となった佐々木くんがニヤリ

         

        (左から)山崎くん、和出、齊藤くん、堀江

        11分フル出場後の和出は、ただの肉の塊に

         

        仕事をやりきった山本さん

        仕事の打ち合わせは大丈夫だったのか?

         

        今シーズン通算得失点差 マイナス88

         

         

         

         

         

         

         

        | 宮田陽 | 大会 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        エース復活 〜11/3 ROX CUP(U-30)〜 
        0

          於:ROX・3Gスーパーマルチコート

           

          2年前のブラジルW杯での無理がたたり、膝故障から未だ復帰が叶わないシャルケの内田

          しかし、最近紅白戦にも出場できるまで回復したとの情報も入り、いよいよ待望の復活も見えてきたようだ。

           

          一方、足首の故障から、内田同様長期離脱を余儀なくされていたケンさん(Wリンダ)。

          ウッチーに先んじ復帰を果たすも、9月の復帰戦では低調なパフォーマンスでシュートミスを連発。

          昨年、ライザップもどきの肉体改造が成功しゴールを量産し、雄たけびをあげていたケンさん。

          あのイブラヒモビッチばりの雄々しい姿は消えうせ、ただの昔のイケメンおじさんに成り下がってしまったケンさん。

          足首の痛みも再発し、10月から再び離脱となっていたが、大会当日、急きょ出場を直訴してきた。

          完治していない足で何ができるというのか?

          ケンさんのほうが芸歴先輩のため出場を拒否することも出来ず、私は何も期待せずに出場を認めた。

           

          結果はコチラ

           

          ケンさんがチームを救ってくれた。

          痛む足でゴール前に突進し、魂のシュートをゴールに突き刺したのだ!

           

          30歳以上限定で、台東区のチームのみの大会。

          いつも若者チームに苦しめられる高齢者チーム漫Pは、秘かに優勝を狙っていた。

          しかしふたを開けてみれば、いつもの大会の数倍高いレベルの対戦相手の数々・・・

          勝ち点どころか無得点での敗退が現実味を帯びてきた中での、ケンさんの起死回生ゴール。

          チームは優勝したかのように歓喜し、結果最下位ながら健闘賞を受賞し、スポーツ飲料1ケースをゲットした。

           

          怪我しても肉体改造をやめてもエースはエース。

          ここぞというところで決められるのは、生まれながらのエースの証し。

          いよいよシーズン最終盤、復活したWエースの弟子が、漫Pに再び歓喜をもたらす!

           

          選手評

          本多(Wアップ)      久々参加なのに何故か上手くなっていた!家庭環境同様ナゾだらけだ!

          和出(キラーコンテンツ)  この日もジャスト3分で交代申し出る!体力低下も薄毛も進行は止まったかもしれない!

          ダッシュ三浦(左利き)   連敗でキャプテンマークをこっそり外す!初代主将・関口と同じ行動だ!

          岡大介(カンカラ三線)   効果的なポストプレー!無得点でケチャップドバドバならず!

          ストレート松浦(ジャグラー)仕事で遅れて到着!打ち上げで宮田一門への忠誠を誓う!

          齋藤くん          彼女観戦もノーゴール!打ち上げには参加せず、彼女をなだめるため浅草観光へ!

          山本さん(役者)      いきなりのイージーミスで2失点!五十肩疑惑が現実味を帯びてきた!

          MVPケンさん(Wリンダ)   魂のゴールでチームを救う!浅草選抜結成予定の情報を得てソワソワしだす!

           

          見事、大会オープニングゴールを決めたFC RIKIZOヨウさん(右)

          は漫Pの陽に見切りをつけ、RIKIZOのヨウさんに接近

           

          ケンさんの魂のゴールの裏には、間抜けなストレッチがあった

           

          W一門のケンさん(左)と本多

          狂犬ケンさんが同門だったのは、本多にとって大誤算

           

          突っ込むのが好きなストレート松浦

           

          (左から)ダッシュ三浦齋藤くん

          この後、ダッシュがキャプテンマークを外す

           

          人間砂時計和出(左)と肩を上げようとしている山本さん

           

          ケンさん(真ん中)を讃えるジダン

           

          全敗で、大会のレベルを下げてしまった漫P

          来年の漫協カレンダーを各対戦チームに配り謝罪した

           

          台東区フットサル連盟のみなさん、ありがとうございました!

          また是非よろしくお願いします!

           

          今シーズン通算得失点差 マイナス83

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | 宮田陽 | 大会 | 03:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          慢心 〜10/25 ウルトラビギナー大会〜
          0

            於:代々木フットサルコート

             

            ルヴァンカップで悲願の優勝を果たした浦和のペトロビッチ監督

            2006年にサンフレッチェの監督に就任して以来、初の主要タイトル獲得を果たしたわけだ。※J2優勝、XEROX杯などは除く

            あの名将がタイトル獲得まで10年かかったのだ。

            それに比べ、先月、わずか就任5年10か月で優勝を成し遂げた私。

            名将の名を確固たるものにすべく、連覇を目指し、先月に続き相性抜群の代々木の大会に臨んだ。

             

            結果はコチラ

             

            優勝という、この上ない経験をしたチームは、王者らしい落ち着いたサッカーを展開。

            攻守に安定感を発揮し、いつでも得点出来そうな試合運びを見せる。

            しかし、決定機でシュートミスを連発すると、つまらない失点からまさかの連敗。

            結局わずか1勝で、最下位を免れるのが精一杯。

            名将と呼ばれるチャンスは、あっさりと消えていった。

             

            先月の優勝がもたらしたのは、「今シーズンはもう十分やった」という悪い意味の満足感だったのかもしれない。

            自己肯定感がハンパない漫P部員と私。

            功成り名をとげ努力をやめたロナウジーニョと同じメンタリティの漫P部員と私。

            このままでは次の優勝は10年後になってしまう。

            もっともっと上へ・・・今以上の進化を求めるメンタリティの構築・・・

            次の大会に向け部員に、イチローの本と、内海桂子師匠の舞台を見せることにする!

             

            選手評

            堀江(シンシナティ)    スーパーセーブ連発で計算できる選手に!シンシナティは未知数!

            ダッシュ三浦(左利き)   この日も山口蛍ばりにボール奪取!ポケモンGO徘徊で足腰が強化されている!

            岡大介(カンカラ三線)   久々参加でゴールはならず!顔がちょっと大人になっていた!

            和出(キラーコンテンツ)  交代を申し出る時間がいつもジャスト3分!漫Pのウルトラマンは砂時計より正確だ!

            齋藤くん          司令塔で奮闘も無得点!彼女に無得点を電話で報告し罵倒される!

            青沼(Wアップ)      攻守のつなぎ役で、いつの間にか漫Pの要に!Wアップの要は本多か?青沼か?

            MVP堀内(キープランニング)2得点で勝利をもたらす!パスにしか快感を覚えなかった男が、ゴールで絶頂に達した!

            山本さん(役者)      ループシュートを2連続で決められる!五十肩でないことを祈る!

             

            ウ○コをもよおし緒戦遅刻危機も、ギリギリ間に合い笑顔の和出

             

            彼女が来ず、ピースに哀愁が漂う齋藤くん(左)と、常時哀愁が漂っている

             

            シンシナティと漫Pの将来を模索する堀江

             

            ちゃんと走ってるからいいじゃないですか!と、悪びれずタバコを吸う(左から)青沼堀内ダッシュ三浦

             

            スタッフの女性にサッカーを語る山本さんは、たぶん生涯現役だろう

             

            今シーズン通算得失点差 マイナス69

             

             

             

             

             

             

            | 宮田陽 | 大会 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            初優勝(正真正銘)! 〜9/28 ウルトラビギナー大会〜
            0

              於:代々木フットサルコート

               

              アジア予選でベスト4に入り、久々のW杯本選出場を決めたU-16日本代表。

              天才・久保君を中心にこのまま優勝かと思われたが、準決勝でイラクに足をすくわれてしまった。

              バーやポストをたたいたシュートの一本が入っていたら・・・サッカーの神様は気まぐれだ。

               

              今季わずか1勝で、いよいよ崖っぷちに立たされた部屋と漫Pと私。

              果たしてサッカーの神様はどんないたずらを仕掛けてくるのか?

              参加者多数につき、シニアとジュニアの2チームで臨む運命の大会は幕を開けた。

               

              結果はコチラ

               

              部員の健康を考慮し夏場の大会参加をひかえ、3か月ぶりの大会参加となったこの日は、あろうことか気温30度超えの酷暑。

              案の定、部員のパフォーマンスはすぐに低下した。

              伊藤は熱中症でリタイアし、堀内は爪が剥がれる。

              更に、最も危惧していた漫Pチーム同士のつぶし合いが始まってしまう。

              外部チームに2連敗し優勝の目が消えたジュニアが、シニアとの戦いで頑張ってしまい、終了間際に堀内がまさかの決勝ゴール。

              シニアが、外部チームとの勝ち点差を逆転するチャンスをふいにしてしまう。

              昔の大相撲なら、話し合わなくても”あとは流れで”力を抜くはずなのに・・・

              こうして迎えた外部チームとの最終戦、優勝には勝利が絶対条件となってしまった漫Pシニア。

              リードを許し、体力は尽き、皆があきらめかけたとき、サッカーの神様のいたずらが始まった。

              敵の一番うまい選手が負傷退場→救急車で病院搬送→二番目にうまい選手が病院付き添いで離脱→中断で充分な休養

              試合再開後、漫Pはすぐに連続2ゴールを決めそのまま勝利。

              結果、勝ち点で並び、得失点わずか1差で逆転優勝となったのだ!

               

              昨年12月の初優勝は、漫P以外の参加チームがドタキャンし、大会開催前から優勝が確定していた茶番。

              だから今回が、正真正銘の漫P初優勝なのだ!

              思えば初の大会参加から、5年と10か月の年月が過ぎていた。

              色々なことがあった。

              8か月勝利なしや、0得点30失点の大会、山本さんの一発退場、長谷川のユニホーム紛失と童貞未喪失などなど・・・

              しかし、ついに歴史は動いた。

              レスターに出来たことが漫Pにも出来たのだ。

              どんな内容でも、神様のいたずらでも王者は王者。

              チャンピオンとして臨む次の大会、狙うはもちろん連覇だけ。

              勝者のメンタリティを手に入れ、レスターと化した漫Pの次戦に要注目だ!

               

               

              選手評:漫Pシニア

              山本さん(役者)      還暦前に優勝経験!ゴールは死守も、打ち上げ乾杯前にビールをこぼす失態!

              富田(アシッド宣言)    落ち着いたプレーで公式戦デビュー飾る!オッサン達に気を遣い、相方・田中との違い見せる!

              MVP山崎(浅草演芸ホール) 公式戦デビューで優勝を決めるゴールゲット!演芸ホールを休んで大丈夫だったのか?

              山田(バーテン)      久々参加でビューティフルゴール!芸人時代より目がキラキラしてた!

              酒井            ゴール・アシスト・ディフェンスと大活躍!長谷川を連れ2次会へ!

              長谷川(キラーコンテンツ) 敵を認識すると直進してしまいかわされる!自動運転車なら欠陥車でリコールだ!

              ケンさん(Wリンダ)    7度の決定機を全て外す!本人は6度だと言い張る!

               

              選手評:漫Pジュニア

              ダッシュ三浦(左利き)   インターセプト成功しまくる!ダッシュ改めジャガー改め(山口)ホタル三浦だ!

              井上(ジョーカー)     プロ並みの柔らかトラップ披露!試合前後もハードワークの影の鉄人だ!

              堀内(キープランニング)  爪が剥がれ顔面にボール直撃!漫Pシニア戦での得点への呪いだ!

              伊藤(ぼっけもん)     熱中症でリタイア!「頭痛と吐き気と寒気がするだけです」と笑顔でピッチを去る!

              佐々木さん         10年ぶりのプレーで本領発揮ならず!長髪は野人・岡野をイメージか?

              青沼(Wアップ)      プレーに安定感が出てきた!ところで今年のM-1はどうなった?

              堀江(シンシナティ)    スーパーセーブ連発!地元凱旋ライブも成功!アジアの壁を目指し、まずは碧南市は征服した!

               

              真の王者に輝いた漫Pシニアの面々

              山本さん(黄色)が神に感謝のポーズ

               

              漫Pシニアの足を引っ張った挙句、最下位に終わった漫Pジュニア ※井上は行方不明

              伊藤(左から2人目)も吐き気を隠し笑顔

               

              バーテンに転身した山田。ホストに戻らなくて良かった!

               

              この日公式戦デビューを果たした山崎くんと富田くんの20代新人

              漫Pと漫協に吹き荒れる世代交代の嵐が止まらない!

               

              じゃんけん大会で大会参加1万円割引券を勝ち取った長谷川

              32年間の節制が運を引き寄せた

               

              笑顔が消えた頭痛の伊藤(中列右端) ※井上は行方不明

               

              代々木公園内で祝勝会 ※伊藤は帰宅

              今のところ誰からもデング熱発症の報告はない

               

              今シーズン通算得失点差 マイナス61

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                         

               

               

               

               

               

              | 宮田陽 | 大会 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              定位置 〜6/26 ウルトラビギナー大会〜
              0

                於:キャプテン翼スタジアム東京北

                 

                人口33万人の小国アイスランドの大躍進など、番狂わせ続出で盛り上がるユーロ2016

                練馬区の半分以下の人しかいない国でも、団結とやり方次第で大国に勝てるのだ。

                戦国の乱世で大活躍した小国の真田も、団結と工夫でのし上がったのだ。

                そして、練馬区在住のダッシュ三浦と、真田幸村に精通するキラーコンテンツが参加した今大会。

                漫Pは、ダッシュ三浦のワントップ、和出(キラーコンテンツ)をトップ下に置く奇策で臨んだ。

                 

                結果はコチラ

                 

                ダッシュが前線から異常なまでにプレスをかけ、敵のミスを誘発。

                大会では初の助っ人参加となったACALANAATHA TOKYO板橋(弟)くん市川くん(市原)がディフェンスで身体を張る。

                常連助っ人となった齋藤くんが効果的なパスで攻撃を導く。

                先月の初勝利の勢いそのままに、強豪との緒戦・2戦目を堂々と引き分けに持ち込み、いよいよ初優勝も見えてきた。

                しかし、プレスをかけすぎたダッシュが消耗すると、他の選手の運動量が元々少なかったことが露呈。

                自分たちより弱小と見ていた3戦目以降の相手に走り負け、無得点での敗戦を繰り返す。

                最後の順位決定戦を前にダッシュが仕事で離脱すると、惨敗の最下位で大会を終えることとなってしまった。

                 

                結局いつもの定位置に収まってしまった漫P。

                最初だけ良く、その後工夫もなく敗れた漫Pは、アイスランドではなくイングランドだった。

                参加国の監督中一番の高給取りだったイングランドのホジソン監督と私に責任追及が及ぶのは必至だ。

                監督離脱の部員投票が行われないことを祈る!

                 

                選手評

                堀江(元スタンダップ)  悪夢の6連続失点!細い目を細め、味方の冷たい視線はシャットアウト!

                ダッシュ三浦(左利き)  前線で走りまくりゴール!今ならサニブラウンに勝てる!

                和出(キラーコンテンツ) トップ下で機能せず!トップ下とぴろき兄さんの会出演はこの日で卒業!

                長谷川(キラーコンテンツ)何もかも機能せず!サッカーも童貞も留年確定だ!

                山本さん(役者)     敵の40代のGKを「若造が!」と一喝!敵の20代女子にはお菓子をあげ接近!

                齋藤くん         彼女が来るとノーゴールのジンクス継続!邪念か?

                板橋(弟)くん       ジェフ千葉の応援前に助っ人参加!漫Pもジェフも敗れる!

                市川くん(市原)     だれも気付かぬうちに足を痛める!帰りは気付いたら歩行困難者に!

                 

                強力助っ人トリオ(左から)市川くん、齋藤くん、板橋(弟)くん

                早々に到着していた市川くんと板橋(弟)くんは、時間つぶしで近くの造幣局を見学に

                そこで親切なおじさんにつかまり延々造幣の説明を受け遅刻寸前に

                 

                交代でトップ下を務めた和出と齋藤くん

                顔面の見た目通りの出来の差だった

                (後ろは6失点の悪夢にマジでへこむ堀江)

                 

                ジャガーポーズも疲労困憊のダッシュ三浦

                この後の仕事で主催のタメ口笛夫氏を満足させられたのか?

                 

                毎回緒戦で、今までの経験がゼロになったシロウト同然の姿をさらす長谷川

                2戦目から動きを思い出す不思議ちゃんだ

                 

                ジェネレーションギャップを乗り越え笑顔のユミちゃん(左)とメグミさん

                 

                お菓子をあげた敵チーム女子から「おじさん、ありがとう」と言われショックの山本さん(59才)

                 

                ショックを振り払うかのように、聞いてもないのにワインのウンチクを語りだした山本さん

                 

                 

                今季通算得失点差 マイナス60

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 宮田陽 | 大会 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                初勝利 〜5/29 ウルトラビギナー大会〜
                0

                  於:ボンフィンフットボールパーク落合南長崎

                  レアルマドリードのCL優勝で全日程を終了した欧州各国リーグ&カップ戦。
                  いよいよ世間の注目は欧州選手権に移ろうというのに、未だ今季勝利なしと泥沼の漫P。

                  そんな我々の惨状を見かねた浅草青年部さんが、救いの手を差し伸べるべく練習試合をセッティングしてくれた。
                  (5/22 ROX3G・スーパーマルチコート)

                  しかし参加はピー介ストレート松浦のわずか三名(所用で私も参加出来ず)。
                  対戦どころか青年部さんチームに混ぜてもらうという本末転倒の大失態。
                  結局、好材料も見当たらぬまま翌週の大会を迎えることとなってしまった。

                  そして一週間後、勝てる気が全くせず、遅刻者がいなかっただけで良しとし大会は幕を開けた。

                  結果はコチラ

                  予想通り士気上がらず、全敗で終えたリーグ戦。
                  しかし、最終試合(3位決定戦)で奇跡は起きた。
                  なんとなく動きが良くなってきていたふるやいなやがついに覚醒。
                  泥臭い得点を決めると、イブラヒモビッチを彷彿とさせる飛び蹴りファインゴールで2点目まで決めてみせたのだ!
                  ダッシュ三浦のゴールを挟み、まさかの3−0のリード。
                  その後2点を返されるも、全員守備と中東のチームばりの露骨な時間稼ぎでついに今季初勝利!!

                  年をまたぎ、実に26試合ぶりの対外公式戦勝利・・・
                  勝因は、皮肉なことにリーグ戦で士気が上がらなかったことだった。
                  リーグ戦で走り負け完敗を喫した相手が、3位決定戦では明らかに疲れから動きが落ちていた。
                  一方ダラダラやっていた漫Pは徐々に体がほぐれ、チームのピークが偶然3位決定戦に訪れたわけだ。

                  しかし全ては結果だ。
                  この日の勝利は、闘争心に欠ける選手達を鼓舞せず何も要求しなかった私の采配の勝利だ。
                  CL決勝も、闘将シメオネが負け、ニヤニヤしていたジダンが勝った。
                  何の因果か私の後頭部のジダン化も進んできた。
                  これからはジダンを手本に勝つ!
                  そして元祖漫Pのジダン(和出)の復活を待つ!

                  選手評
                  堀江(元スタンダップ)       キーパーグローブを忘れる!顔面にシュートを2発受け右手も痛める!
                  堀内(キープランニング)      すね当てを紛失!見つけてから動きが良くなる!
                  齋藤くん              常任助っ人は見事今季初ゴール!同僚山本さんがいない中ノビノビとプレー!
                  ダッシュ三浦(左利き)       名古屋から朝帰りでそのままプレー!おかしなテンションで2ゴールゲット!
                  岡大介(カンカラ三線)       得点王争い独走!仕事がない日もバッグにはなぜか三線が!
                  MVPふるやいなや(スーパーニューニュー)初勝利もたらす2ゴール!パイオツトラップ連発に敵がひるむ!


                  勝利を手にした勇者達
                  レスター並みの偉業達成だ!


                  鉄壁2バックのダッシュ三浦(左)と堀内
                  ブラックバイトから解放されたダッシュの動きが良くなってきた


                  気のせいか、だんだん芸人っぽい顔になってきたホテルマン齋藤くん


                  やる気満々で会場に早く着きすぎる岡


                  初勝利のキーパーは山本さんではなく僕でした(堀江談)


                  本人不在の中行われた、ふるやいなやを讃える会
                  マネージャーのメグミさん(左)は湿布持参も漫Pの経費から落ちず自腹に

                  今季通算得失点差 マイナス46


                   

                  | 宮田陽 | 大会 | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  4/30 ソサイチウルトラビギナー大会
                  0
                    於:西武プリンスドームサッカーパーク

                    今季未だ勝利なしと、どん底にあえぐ漫P。
                    一方Jリーグでは、同じく開幕から未だ勝利なしだったアビスパが執念の初勝利を挙げた。
                    4/29の時点でJ1未勝利はベルマーレのみ。
                    そして何の因縁か、そのベルマーレのユース出身、漫P最強選手・佐藤くんの参加が久々に叶った今大会。
                    ベルマーレに先んじ初勝利を挙げるべく、漫Pはソサイチ(7人制)大会に臨んだ。

                    結果はコチラ

                    和出(キラーコンテンツ)が腰痛でドタキャン。
                    堀江(元スタンダップ)が寝坊で、長谷川(キラーコンテンツ)が電車を乗り間違えて遅刻の大失態。
                    停滞ムード打破にと、目先を変えるために選択したソサイチ大会がアダとなり、緒戦を6人で戦う緊急事態に!
                    それでもGK山本さん(役者)の神がかりセービングと、佐藤くんの超絶PKで追いつき、執念の勝ち点1をゲットした。
                    だが、全てを出し切り灰になってしまった選手たちに、第二戦以降を戦う力は残っていなかった。
                    みるみるパフォーマンスが低下する選手たち。
                    そして私はねん挫をした。

                    漫Pの初勝利が5月以降に持ち越し決定となった夜、ベルマーレは見事な今季初勝利を挙げた。
                    漫Pの初勝利はいつになるのか?まずは電車の乗り方講座だ!

                    選手評
                    佐藤くん         敵チームも驚嘆の声を上げる美しいプレーを連発!PKは森重(FC東京)よりうまい!
                    鈴木くん         自身初ゴールを決める!相方も決まる!バラ色の芸人人生の始まりだ!
                    斉藤くん         常任助っ人は、すっかり漫Pの中盤の顔に!彼女の前でゴールはならず!
                    来馬くん         鋭い出足でボール奪取率急上昇!伸びしろがハンパない!
                    長谷川(キラーコンテンツ)シュートを放ち、ロングパスを成功させる!乗り換えには失敗!
                    堀江(元スタンダップ)  フィールドプレーヤーとしても順調に成長!相方探しは難航!
                    山本さん(役者)     史上最高のパフォーマンスを披露!漫Pのパーフェクトヒューマン・YAMAMOTOの誕生だ!


                    右から斉藤、山本、来馬、ユミちゃん
                    この日絶好調の山本さんは、斉藤くんの彼女ユミちゃんに「俺がナイスプレーした時の写真を撮っとけ」と命令


                    戦犯の長谷川(左)と堀江
                    西武ドームで楽天のタオル


                    初得点の鈴木くんは、ついにお笑いの道に!
                    相方はSNSでゲット!


                    僕らが何度ミスっても、やさしいパスをくれる佐藤くん


                    漫Pの鉄壁3バックは、たまに崩壊する。(左から)長谷川・来馬・鈴木


                    山本さん・キラーコンテンツ・メグミさんから誕生日プレゼントを頂く!
                    キングカズより年下だから今年も現役続行だ


                    戦犯2人に、今日のビッグセーブの解説をする山本さん

                    今季通算得失点差 マイナス35





                     
                    | 宮田陽 | 大会 | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    3/31 ウルトラビギナー大会
                    0
                      於:アディダスフットサルパーク池袋

                      まさかのオリンピック出場を逃したなでしこ。
                      下馬評を覆し見事全勝で出場を決めたU-23男子代表。
                      オーストラリア戦を落とし歯車が狂ったなでしこと、悪い内容ながら北朝鮮に勝利し波に乗った手倉森ジャパン。
                      緒戦がいかに大事かを痛感させられた予選であった。

                      監督のマネージメント失敗で、今季緒戦を全敗で終えた漫P。
                      早く今季初勝利をあげ波に乗らなければ、なでしこの二の舞は必至だ。
                      いや、すでに負けに慣れきった漫Pは、歯車が狂うどころか歯がなくなって機能停止に陥るかもしれない。
                      強烈な危機感の中、今季第2戦に臨むこととなった。

                      結果はコチラ

                      10人の選手を5人ずつに分け、完全ターンオーバー制で臨んだ今大会。
                      虚弱・高齢・不摂生の選手が大半の漫Pにとって最善の策と思われたこの策が完全に裏目に出た。
                      あわよくば負けなしを目論み戦力を均等にしたところ、まあまあ弱いチームが2つ出来てしまった。
                      全試合善戦するも勝ちきれず、1勝もできない最悪の結果に。

                      考えてみれば、ターンオーバーは選手層の厚い強豪がやるものだった。
                      実際Jリーグのチームも、リーグとACLでターンオーバーを採用してどちらも苦戦しちゃっているではないか。
                      つまり漫Pがターンオーバーを採用するなら、メッチャ強いチームとメッチャ弱いチームを作ればよかったのだ。
                      そして強そうな相手に弱いチームをぶつけ、勝てそうな相手に強いほうのチームをあてがえばよかったのだ。

                      二兎を追うものは一兎も得ず・・・
                      2大会連続で監督采配が失敗した漫P。
                      次回大会、首を賭けた奇策を用意する!

                      選手評
                      (カンカラ三線)         得点量産!漫Pのエースはボールにだけガツガツする独身男だ!
                      堀江(元スタンダップ)       バイト中転倒し腰を負傷!試合前から満身創痍に!
                      和出(キラーコンテンツ)      相方が芝居の稽古で心を負傷!2分5秒で交代を申し出る!
                      ダッシュ三浦(左利き)       肉離れ完治!激しいディフェンスで身体をさらし、あわや蛍(ハノーファー)の二の舞に!
                      ふるやいなや(スーパーニュウニュウ)じゃんけん大会で1万円大会割引券をゲット!ゴールゲットはまたもお預け!
                      山本さん(役者)          遂に50代最後の1年に突入!10代女子にゴールを許す!
                      斉藤さん              アグレッシブに攻守に奮闘!彼女不在でゴールは不発!
                      来馬さん              黙々と守備で大貢献!彼女募集中もふるやにはなびかず!
                      青沼(Wアップ)          覚醒の2得点!この成長曲線でいけばM-1優勝するはずだ!


                      まだすべてをかける時は来ていない、大器晩成型の漫Pメンバー


                      花見の季節に枯れる和出


                      パーでじゃんけん大会に勝利した影のMVPふるやいなや


                      大会が終わってから現れた漫女のエミさんが、斉藤くんを酔わせにかかる。
                      サッカーに興味ないな!

                      今シーズン通算得失点差 マイナス29



                       
                      | 宮田陽 | 大会 | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      + プロフィール
                      profilephoto
                      漫才協会フットサル部(漫チェスターP)の選手兼任監督。 夢はビギナー大会で優勝すること。 漫Pのチーム分析、成長(後退?)の道程を記していきます。
                      + PROFILE
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PR
                      + RECOMMEND