漫チェスターP  〜 Fリーグへの道 〜

漫才協会フットサル部の軌跡を記す
<< 引退撤回 | main | 入団決定! >>
パネンカ
0

    感動のオリンピックが閉幕し、ついに始まったロシアW杯アジア最終予選

    日本は、大事な緒戦で、アジアカップに続き難敵UAEに苦杯をなめた。

    オマルという天才がいるとはいえ、選手個々の実績では圧倒していた日本。

    しかし、UAEがこの日のために2ヶ月間合宿をして万全で臨んできたのに対し、日本はわずか4日の準備期間。

    ちゃんと練習し連携を磨けば、格上にも勝てると証明した陸上400mリレー日本代表。

    あれと同じことを、UAEにやられてしまった。

    ちなみに敵の2得点は、いずれもハリル選手。

    ハリルジャパンがハリルにやられるとは・・・

    しかも2点目のPKは、パネンカ(チップキックでゴール正面にフワリと決めるキック)で決められるという屈辱。

    それにしても、あの緊張感の中でパネンカを蹴れるハリル選手の精神力ってどんだけすごいのか!

    相手をあざ笑うパネンカは、成功したら多大なダメージを与えられるが、失敗したら大ヒンシュクだからだ。

    実際、先日のオランダリーグで、ハーフナーマイク選手が勝ち越しを狙ったPKでまさかのパネンカを選択し、失敗。

    勝利を逃した監督は激怒し、ハーフナーマイクはチームの恥とまでこき下ろされたのだ。

     

    だが、今の日本代表に本当に必要な男は、ハーフナーマイクかもしれない。

    意外性・精神力・高さ・・・日本の永遠の課題を全て克服しているではないか。

    ハリルホジッチ監督、次のタイ戦にハーフナーマイクを緊急招集だ!

    ただしPKを蹴ろうとしたら皆んなで止めよう。

    ハーフナーマイクよ、サッカー界のケンブリッジ飛鳥となれ!

     

    絶対に負けられないわけではないがグループ2位以内に入らなければいけない戦いは、続く。

     

    UAE戦を漫Pキャプテンのダッシュ三浦(左利き)と観戦

    日本代表のユニホームを着用しての応援を強要するも、拒否される

    代表のユニホームが、ジャイアンツの帽子のような運命をたどることにならねば良いが・・・

     

     

     

     

     

    | 宮田陽 | よもやまばなし | 03:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 03:25 | - | - | - | - |









      http://miyata-yosyo.jugem.jp/trackback/132
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      + プロフィール
      profilephoto
      漫才協会フットサル部(漫チェスターP)の選手兼任監督。 夢はビギナー大会で優勝すること。 漫Pのチーム分析、成長(後退?)の道程を記していきます。
      + PROFILE
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + Twitter
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PR
      + RECOMMEND