漫チェスターP  〜 Fリーグへの道 〜

漫才協会フットサル部の軌跡を記す
純也と順也
0
    ロシアW杯が近づくと、代表候補の選手の調子がどうしても気になってしょうがなくなってくる。
    そこでハリルホジッチ監督に頼まれてもいないが、代表のスタッフの気持ちでレイソルvsヴィッセルをチェックしてきた。(3/30柏スタジアム)


    Friday night は DAZN DAY


    来場者全員にブランケットをくれる太っ腹
    DAZN 加入者にはお菓子もくれた


    増殖を続け、アウェイチームにとっては恐怖のゴール裏となった柏スタジアム
    日本中がこんなスタジアムだらけになったら良いのに


    桜と満月とアウェイゴール裏


    ハーフナー、ウェリントン、渡邊千真が控えのヴィッセル
    フォワードが余っててもったいない、、、

    GK の中村はポドルスキーの漫画のようなシュートを見事にはじき出す。
    技術、反射神経にオーラも出てきて代表当確か。
    そして古巣相手に奮闘した田中順也とのJ(ジュンヤ)対決を圧巻の2ゴールで制した柏のスピードスター伊東純也
    シュツットガルトの浅野が干されてる今、伊東純也のスピードはどうしても必要だ。
    なんなら田中順也のシュート力も欲しいからIJTJダブルJの代表もありだ。
    ちなみに漫PのMJ(元ジョーカー)井上にはちゃんとコートに現れてほしい。
    代表のメンバー最終選考に向けてギアを上げてくるのは誰か?
    楽しみは続く。





    | 宮田陽 | Jリーグ | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    横浜with山本さん
    0
      ついに還暦を迎えた“漫Pの川島”山本さん(役者)からお誘いを受け、日産スタジアムでのFマリノスvsジュビロを観戦。


      Jリーグ開幕25年を祝うセレモニー
      25年前のJリーグ開幕を彷彿とさせる演出に、ヴェルディvsマリノスの開幕戦の記憶がフラッシュバック!
      マイヤーは元気だろうか?


      横浜の服を着てホームのFマリノスサポーター席に座りながら、実はジュビロサポーターの山本さん
      隠れキリシタンは、ジュビロのゴール時も心の中だけで雄叫びをあげ、表面上は“沈黙”(byスコセッシ)を貫く


      ジュビロの敗戦に落ち込む山本さんとトリコロール

      俊輔の古巣対決で注目の一戦だったが、とにかく齋藤学がすごかった!
      2アシストの結果以上に、常に期待を抱かせるワンランク上のパフォーマンス。
      ハリルホジッチは絶対に学を呼ぶべきだ。

      そして、こんな素敵な試合に招待してくれた山本さんに、次の大会で私のソンタクは必至だ!


      山本さん、還暦おめでとうございます!

      | 宮田陽 | Jリーグ | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      U22Jリーグ選抜
      0
        自チームで出場登録されなかった若手を毎節集め、J3リーグに参戦させるという仰天プランを実行しているJリーグ。
        この奥の手を考えた人は本当に頭が良いと思う。
        そして今節9/23はJ1が開催されないため、町田ゼルビア戦に、J1チーム所属のオリンピック代表クラスが多数招集された。
        広島の浅野・野津田、FC東京の中島、川崎の大島などそうそうたるメンバーは、ほぼ手倉森ジャパンだ。
        期待を胸に、来年1月のリオオリンピックアジア最終予選をひかえたチームのチェックに町田市立陸上競技場へと飛んだ。

        0−1の敗戦。
        明らかにゼルビアのほうが選手の判断スピードが速い。
        Jリーグ選抜は単調にサイドにボールを回すだけでチャレンジも少ない。
        得点の匂いもほとんどしなかったのではないか。
        ゴール裏の遠い観客席からは、中島のボールコントロールが巧みなことくらいしか印象に残らなかった。
        確かにゼルビアはよく鍛えられた良いチームだった。
        だがJ3のチームに完敗とは・・・

        サッカーはやはりチームプレーなのだ。
        選手個々の能力も大事だが、毎日一緒に練習し、あうんの呼吸を体得しているほうが強いと実感。
        漫才だって、いきなり誰かとやったらさぐりさぐりになるもんなあ。

        来年1月までの短い期間で手倉森ジャパンが”チーム”になれるか?
        不安は増す一方だが、監督の手腕を信じよう。


        U22Jリーグ選抜側のスタンドは、所属チームのユニホームを着た”個人”を応援するサポーターで異様な光景


        オリンピック予選は大丈夫か?


        相馬監督率いるゼルビアはJ2に上がれるだろう。
        その時はスタジアム直行バスの本数を増やしてくれ!

         
        | 宮田陽 | Jリーグ | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ベテラン奮闘
        0
          選手の高齢化が加速度的に進んできた漫P。
          先月の大会では、参加した男子部員の平均年齢が、ついに42歳に達した。
          しかし、若い新入部員の加入を待っていても先行きは不透明。
          この夏も、まだまだベテラン陣に奮闘してもらわなければならない。

          そこで私は、ホンモノから何かヒントを得ようと、J2横浜FC対ロアッソ熊本戦(7/18ニッパツ)に向かった。
          キングカズ巻誠一郎、お目当ては私が尊敬して止まないレジェンド2人だ。


          カズはご存じの通りだが、巻も、若い頃と変わらずアグレッシブに故郷のチームをけん引している。
          そのひたむきで献身的な姿は、オシムの千葉時代たまたまスタジアムで見て涙がでるくらい感動した当時と何も変わらない。

          カズが先発、巻が途中出場したこの日、二人とも決定的プレーは出せなかった。
          だが、若手以上に、状況をなんとか変えようと動き出す姿がそこにはあった。
          口だけ達者で動きの少ない漫Pのベテラン陣と真逆な態度。

          漫Pもベテラン陣こそ献身的プレーが必要なのだ。
          若手以上に走り、チームのために貪欲に勝利を目指す姿勢。
          和出さんが献身的なプレースタイルになったとき、若手の井上伊藤も感じるものがあるだろう。
          ケンさんがクレームをつけずに黙々と走ったとき、小山は恐れではなく尊敬の念を抱くだろう。

          この夏、ベテランを意識改革だ!


          柏のレジェンド北嶋は現在ロアッソのコーチだ
          | 宮田陽 | Jリーグ | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          富山の中島
          0
            惨敗に終わった日本のW杯。
            しかし悲しんでばかりはいられない。
            多分4年後はすぐやってくる。
            特に、年老いてきた私にはホントあっという間にやってくるに違いない。

            というわけで、次代の日本を背負って立つのではと密かに期待している若手をチェックしに、
            8/3、私はJ2リーグ戦、横浜FC VS カターレ富山が行われる三ツ沢へと飛んだ。
            お目当ては、富山の中島選手だ。
            富山の中島といえば、今までは漫Pのラーム(非公認)ことコンパス中島のことだった(コンパス中島談)が、
            現在、富山の中島といえば、勿論カターレの中島翔哉選手のことである。
            中島選手は、ヴェルディでJリーグ最年少ハットトリックを決めた逸材で、FC東京に移籍し、
            現在なぜかJ2最下位のカターレにレンタルされている。
            今FC東京にいたらバリバリ活躍してそうなのに謎ではあるが・・・

            戦力的に劣るカターレは攻め込まれる時間が長く、中島選手の見せ場は少なかった。
            それでも天才的なボールタッチやパスを何度か披露。
            そしてなにより、ディフェンスをサボらず、20〜30cm身長が違う相手とハイボールを競り合い、
            パスが来なくても、何度も何度も飛び出しの動きを繰り返す姿が印象的だった。

            ビッグマウスでも有名な中島選手にとって、現在の状況はもどかしいかもしれない。
            それでも、とにかく今のまま腐らず頑張って、カターレを奇跡のJ2残留に導いてほしい。
            その時、フェンロ(オランダ)を2部優勝に導き伝説となった、初代ビッグマウス本田のような飛躍が待っている気がする。
            ついでに漫Pのビッグマウス本多(Wアップ)には、不言実行を期待する!
            これからの中島選手に期待だ!


            一蹴りで、中島選手の非凡さは伝わってきた。


            横浜FC所属の期待の若手、石井圭太選手はフットサル仲間の石井さんの息子さんだ。
            圭太選手はこの日、J22選抜に初選出され、秋田でJ3のブラウブリッツ戦に出場したのだ!


            残念ながら、この日レジェンド・カズはベンチ入りせず。







             
            | 宮田陽 | Jリーグ | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            Jリーグ考
            0
              サンフレッチェの逆転優勝で幕を下ろしたJ1。
              後から考えると俊輔の胆のう炎があまりに痛かったFマリノス。
              前半戦快進撃を続けたアルディージャのまさかの大失速。
              後半戦川又が覚醒したアルビレックス。
              Jリーグアウォードも終わり今シーズンを振り返ると、とても面白い1年だったのだが・・・

              今年の結果を2015年から実施予定の変則プレーオフに当てはめると
              アルディージャにまで年間チャンピオンの可能性が出るってこと?
              やはり違和感は拭えない。
              けどお金のためにはどうしても優勝決定戦が必要なのか?
              だとしたら前期後期制で、J1チーム数を10チームにして
              ちゃんと前期も後期もホームアンドアウェイやるのがましか。
              ほかにTVが食いつくのはVゴール方式・・・20年前に逆戻りだ!
              いっそ2ゴールごとにプラス勝ち点1のコニカカップ方式も復活だ!
              それかセリーグ・パリーグに分けちゃえ!

              もとい、サッカーはシンプルが一番。
              変なことしてお金が入ってもろくなことにならない気がするけどなあ。

              けどもし変な方式でお金が入ったら、若手の人材育成とかじゃなく
              まずはスタジアム整備にお金を使ってほしい。
              小さくても良いからサッカー専用スタジアムを持ってないとJに参入できないくらいにしてほしい。
              まずハード面を変えることが、日本サッカーじり貧状態脱出のための最低条件だと思うのだが。

              とにかくワールドカップイヤーの来シーズンを今から待とう!


              J2最終節で先発したカズ。三ツ沢はカズが目の前で見れる最高のスタジアムだ。


              カズか巻か鈴木をサプライズ枠でブラジルに!


              柱谷監督を見てるだけで得した気分になれる!

               
              | 宮田陽 | Jリーグ | 04:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              Jリーグの日
              0
                日本に夢のプロサッカーリーグが誕生して早や20年!
                開幕戦のチケットにはもちろん当選せず、祐天寺の風呂なしアパートで
                テレビにかじりついていた私は25歳だったわけか。
                マイヤーのゴールに、初ゴールはお前が決めちゃだめだろ!と軽い怒りを覚えたのが
                昨日のことのように思い出される。

                理想を持つってすごい力だ。
                色々浮き沈みのあったJリーグだが、ついにJ3まで出来るのだ。
                全ては、地域密着・企業色排除の理想がぶれなかったからこそここまできたと思う。
                偉い!そしてあと少しだ。
                あと少しで「しょうがないから隣の山形でも応援しとこうか」と思わなくて良い日が来るのだ!

                私のJリーグベスト11(パッと思いついた印象度重視で)
                GK 森(フリューゲルス)
                DF モネール(フリューゲルス)
                   中沢(マリノス)
                   酒井(レイソル)
                MF レオナルド(アントラーズ)
                   ラモス(ヴェルディ)
                   ストイコビッチ(グランパス)
                   前園(フリューゲルス)
                   石川(FC東京)
                FW  カズ(ヴェルディ)
                       巻(ジェフ)

                巻だけすごく下手に見えちゃうかも・・・


                5/11 20周年アニバーサリーマッチのレッズVSアントラーズ

                ジーコをベストイレブンに入れてなかった・・・

                祝=レッズのレジェンド、ポンテ


                これからもJリーグをよろしくね!!

                       

                 
                | 宮田陽 | Jリーグ | 03:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                8/11 アルディージャ VS サンフレッチェ
                0

                  またしてもザックのお呼びがかからなかった佐藤寿人
                  自暴自棄になっているのではと心配になり
                  老婆心ながらNACK5スタジアムへと飛んだ。

                  結果は・・・

                  寿人ずーと歩いてる!
                  攻守交代して広島が攻められてるとき、オフサイドエリアでちんたら歩いてる!
                  U23の永井の真逆だ。関塚なら激怒しそうだ。
                  真夏だからか?見た目小太りだからか?胃もたれか?逆にラマダンか?
                  いや、違う。相手ディフェンスを惑わす作戦だ、たぶん。
                  試合に参加してないふりして、いきなり復帰して点取る算段だ、たぶん。
                  最後に蜂の一刺でとどめさすために力ためてるんだ、たぶん。
                  実際、今日は不発だったがなんかやりそうなオーラがハンパなかった。
                  広島にあって大宮の選手になかったのがそこだった。
                  こういう選手が代表に一人欲しいよなあ。
                  だって結果を出さなきゃ何言われるかわからないプレースタイルで
                  ちゃんと結果出してるって、すごいハートの持ち主なのだ、たぶん。

                  そしてなんとスタジアムにはザックが視察に来ていた!
                  けど寿人を見に来たんではないんだろうなぁ・・・たぶん。
                  とにかく色んな想像を掻き立ててくれる佐藤寿人はスペシャルだ!
                  川越シェフにどんどん似てきているぞ!

                  ちなみに大宮のズラタンはイブラヒモビッチではなかった。



                  やっぱりサッカー専用スタジアムだよなぁ。
                  芝も最高だったし。
                  カーディフのグランドキーパー見習って!


                  アルディージャ 1 - 2 サンフレッチェ

                  | 宮田陽 | Jリーグ | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  6/17 サンガ VS ザスパ
                  0
                    J1昇格候補のひとつ、サンガの試合をチェックしに
                    西京極陸上競技場へ飛んだ。
                    大学時代何度も足を運んだ場所(大抵はベンチ入りもできずスタンド応援だった)は
                    当時とは比べものにならないほど綺麗な芝生になっていた。
                    これでトラックがなければ最高!最高!ひでや・やすこ!
                    J1昇格の折には、任天堂とか京セラとかの財力でトラックをどうにかできないものか。
                    もはやそれは陸上競技場ではなくなってしまうか・・・
                    けど等々力とか味スタとかもサポーターが遠すぎてかわいそう。
                    レイソルの日立台は近すぎてアウェーのGKがかわいそうだったけど・・・

                    さて今回のお目当てはサンガの若き才能、久保と宮吉である。
                    将来の日本をしょって立つかもしれない二人のプレーを目に焼き付けねば。

                    結果は・・・

                    二人とも不在だった。二人とも!
                    調べず行った私が悪い。けど・・・

                    不在の影響かどうかわからないが
                    サンガは連携を欠きチグハグだった。
                    特に前線に迫力がなかったなあ。
                    逆にザスパはこんなにしっかりしてると思わなかった。
                    予想の10倍くらい良いチームだった。
                    失礼ながら、いつも負けてるイメージだったので。
                    百聞は一見にしかずだ。
                    ナマ熊林選手は、なでしこの宮間選手そっくりだった。

                    招待券が出回ってたのか、試合が始まってもザワザワ人が行きかい
                    試合に集中してない客がやたらと多い
                    まるで平日の演芸ホールの12時台のようだったスタンドを私は後にした。
                    そして、私が注目したほうのチームが勝てないジンクスは継続された。

                    遠くから必死に応援するザスパサポーター


                    サンガ 0 − 1 ザスパ

                    | 宮田陽 | Jリーグ | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    5/3 レッズ VS Fマリノス
                    0
                      複雑と言われるペトロビッチの戦術を
                      漫Pに取り入れようと
                      サイタマスタジアム2002に飛んだ。

                      結果は・・・

                      Fマリノス良いサッカーしてたなあ。
                      俊輔、中沢まだまだ大丈夫だなあ。
                      エヒメッシはすっかりヨコハメッシになったなあ。
                      マルキーニョスはバンデラスより男前だよなあ。

                      どーもチェックしにいった相手チームが躍動する傾向が・・・

                      とりあえず監督とお近づきにはなってきました。



                      ミズキ選手、卒業写真の欠席者みたいにせずに
                      合成してあげればよいのに・・・




                       
                      | 宮田陽 | Jリーグ | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      + プロフィール
                      profilephoto
                      漫才協会フットサル部(漫チェスターP)の選手兼任監督。 夢はビギナー大会で優勝すること。 漫Pのチーム分析、成長(後退?)の道程を記していきます。
                      + PROFILE
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PR
                      + RECOMMEND