漫チェスターP  〜 Fリーグへの道 〜

漫才協会フットサル部の軌跡を記す
3連敗! 〜5/27 台東区フットサルリーグ柳北ステージ1stラウンド第2節〜
0
    於:柳北スポーツプラザ体育館

    ついに発表された西野ジャパン23名
    新聞ではおっさんジャパンと揶揄されていたが、決まったからにはベテランの経験が若手の勢いを上回ると信じるしかない。
    しかし過酷なグループリーグ3連戦、不安は拭えない。

    元祖おっさんジャパンの漫Pも、台東区フットサルリーグ第2節、運命の3連戦に挑むことに。
    しかも今回は所用で私は最初から不参加。
    漫Pの西野と化したダッシュ三浦(左利き)監督代行のダッシュジャパンで臨んだ。
    完全にワールドカップの3連戦のシュミレーションとなったのだ。

    結果はコチラ

    まさかのダッシュ三浦監督代行が電車遅延で遅刻!
    人数が足りず、マネージャーのメグミさんの緊急出場も覚悟する事態に。
    第2試合から参加予定だったケンさん(Wリンダ)が第1試合にギリギリ間に合い人数は足りたが、その状況で勝ち点を望むのは酷であった。
    ダッシュ三浦到着後も、若くて巧いもり(おちもり)が召集外で20代が堀江(元シンシナティ)だけのおっさん漫Pは急激に疲弊しあえなく3連敗、、、

    これは西野ジャパンのワールドカップを暗示しているのか?
    ワールドカップはもちろん、フル代表の監督初体験の西野さんに想定外のアクシデントが起きることは十分考えられる。
    ロシアの交通事情を要チェックだ。
    そして病み上がりのベテラン陣が、第1戦以降急激に疲弊するかもしれない。
    だから今からでも若くて巧い中島翔哉をバックアップメンバーに加えて帯同させるべきだ。

    漫Pの今リーグでの優勝の可能性は完全に消滅した。
    今月の最終節は消化試合となってしまった。
    こうなってしまったからには、漫Pは次のリーグに向けて、日本代表より先に若返りを図る!

    選手評
    ダッシュ三浦(左利き) 遅刻、仕事で怪我悪化、采配不発!厄払いだ!
    堀江(元シンシナティ) チーム事情で今後も二刀流濃厚!堀江のホータイムだ!
    堀内(キープランニング) 今シーズンはゴール量産の兆し!小さいから漫Pの大島だ!
    MVP ケンさん(Wリンダ) 魂の2ゴール!仕事<フットサルのナイスガイだ!
    栗本 (2世代ターボ) 漫Pのビジャが2ゴール!オウンゴールでMVP 逃す!
    山本さん(役者) ベテラン大量失点!ガーナ戦の川島を暗示していた!


    まさかのダッシュ三浦不在でスタート


    うまくいかず不協和音の漫P戦士達


    川島にエールを送る山本さん


    二刀流ピースの堀江


    オウンゴールを反省する栗本


    宇宙人捕獲


    次節が消化試合となり気が抜けた漫P戦士達

    今シーズン通算得失点差 マイナス8

    | 宮田陽 | 大会 | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    采配! 〜4/29 台東区フットサルリーグ柳北ステージ1stラウンド第1節〜
    0
      於:柳北スポーツプラザ体育館

      ハリルホジッチ解任の衝撃が未だ収まらぬ日本サッカー界。
      こうなってみると、ハリルホジッチお得意の、チーム作りのラストスパートを見てみたかったと思うのはファンのワガママか?
      それにしても開幕直前でハシゴを外されたハリルホジッチの無念はいかばかりか、、、

      恐れていた解任通告もなく、無事に今年度の台東区フットサルリーグ開幕戦を迎えられた私。
      ハリルジャパンを教訓に、万全の状態で大会に入れるように準備をした。
      ・大会前日に練習試合で選手の状態を逐一チェック。
      ・選手から不満が出ないように、プレーに最大限の自由を与える。
      こうして悲願の初優勝を目指す戦いは幕を開けた。

      結果はコチラ

      選手の動きが異常に重い。
      緩慢なプレーからの連続失点でいきなり窮地に。
      前日の練習試合の疲れが予想以上に残っていたのだ。
      おまけにいつものような連動した攻守も見られず更に失点し敗戦。
      完全な調整ミス。
      2006年ドイツワールドカップでのジーコジャパンと同じ轍を踏んでしまったのだ。
      大会直前のドイツとの親善試合で奮闘し期待を持たせながら、実はピークがそこで、本番で失速した2006年のジーコジャパン。
      そしてジーコジャパンも、選手の自主性を尊重した結果まとまりを欠いていたのも敗因だった。
      ハリルを意識し過ぎたあまりの真逆の失敗。
      そしてここで、所用で私はコートを去ることに、、、

      しかし漫Pはここから息を吹き返す。
      ハリル同様現場を離れざるを得なかった私に代わり、急遽指揮を執ったダッシュ三浦(左利き)が見事な采配!
      モチベーターとして選手を鼓舞したうえで、緻密な指示を与える。
      やることが明確になった選手達はあっさりと生まれ変わり、強豪相手の第2戦に完勝してみせたのだ!

      漫Pの西野監督となったダッシュ三浦。
      結果に複雑な感情を押さえられない私だが、兎に角勝利を喜ぼう。
      そしてこれが、ロシアワールドカップでの西野ジャパンの躍進を暗示していることを祈る!
      ちなみに山本さん(役者)は田島幸三会長と同い年であることが判明した。

      選手評
      もり(おちもり) 電光石火のゴールにゲームメイク!もり、ハンパねえ!
      堀内(キープランニング) シュートもインターセプトもキレッキレ!堀内史上最高の状態だ!
      MVP (カンカラ三線) 勝利をもたらす2ゴール!監督のアドバイスのお陰発言でMVP もゲット!
      ダッシュ三浦(左利き) 名采配&魂のディフェンス&負傷退場!なんて日だ!
      ケンさん(Wリンダ) ヘディングで2ゴール!台東区の大砲こと漫Pの高木が帰ってきた!
      堀江(元シンシナティ) スローイングを敵が警戒するように!知名度全国区に向けて、碧南市に続き台東ッ区制覇だ!
      山本さん(役者) 第2戦は無失点!年内は現役続行だ!


      バジトウフー山口入団後の正GK争い激化に備え、ストレッチをする堀江


      監督からのコーチ就任要請を聞き流す山本さん


      CD が売れるように神に祈る岡


      40歳のかわいさをアピールするケンさん


      ダッシュ三浦&堀内のコンビは、チャゲ&アスカみたいだ


      青沼くん(Wアップ)が現れる
      サッカー用具持ってきてよ!


      サッカーは上手いが、もりはバカなのかもしれない


      緻密な指示を与えるダッシュ三浦監督代行


      そして未来を予想したような写真、、、

      今シーズン通算得失点差 +−0


      | 宮田陽 | 大会 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      3位フィニッシュ! 〜3/25 台東区フットサルリーグ2nd ステージ最終節〜
      0
        於:柳北スポーツプラザ体育館

        急に目前に迫ってきた感があるロシアW杯
        未だに選手選考に追われるハリルホジッチ監督の焦りがテレビ画面からも伝わってくる。
        以前から中島翔哉に心酔していた私など、だから早く代表に呼んでおけば良かったのに、、、という思いでいっぱいだし、そもそもFC東京で何故レギュラーじゃなかったのかが謎すぎる。
        今は中島が本番で、南アフリカW杯の本田のような救世主になってくれることを祈る。

        ハリルホジッチの焦りは我々にも伝染することに。
        台東区フットサルリーグ2nd ステージ最終節を暫定2位で迎えた漫P。
        しかし優勝が懸かった大一番が、主力選手のライブや仕事、ケガとことごとく重なってしまう。
        結局第1戦をギリギリ5名、第2戦もわずか6名で挑むことになった。

        結果はコチラ

        選手は死力を尽くし頑張ってくれた。
        キャプテンのダッシュ三浦(左利き)と司令塔もり(おちもり)がいつも以上に走る。
        先月より確実に1ヶ月歳をとった山本さん(役者)は神がかりセーブを連発。
        しかし、それ以外のネガティブな要素が日本代表と酷似してしまった漫P。
        ボランチ齋藤(ホテルマン)の第1戦欠場=大島の途中離脱
        守備の要堀内の欠場=吉田麻也の招集外
        ストライカーケンさん(Wリンダ)の長期離脱=岡崎の招集外
        トップ下井上(元ジョーカー)のドタキャン=香川の招集外
        和出(キラーコンテンツ)の欠場=該当者なし
        唯一代表と真逆の結果になったのが堀江(元シンシナティ)だ。
        駒不足から、宇賀神のように慣れないポジションでのプレーを強いられたが、公式戦初ゴールという宇賀神と真逆な結果でチームに貢献。
        しかし結局中島翔哉のような救世主は現れず、連敗で最終成績3位で終戦。

        早くも4月から始まる来年度のリーグ戦に向け、戦力の整備回復が急務な漫P。
        漫Pにコンパス中島ではない救世主中島は出現するか?
        そして日本代表はどうなる?
        香川は?岡崎は?
        不安と期待がごちゃ混ぜなシーズンの到来だ!

        選手評
        MVP堀江(元シンシナティ) チーム事情でフィールドでプレーし公式戦初ゴール!敵のオウンゴールだったとの指摘は改ざん!
        山本さん(役者) コロコロシュートを決められ強烈シュートはスーパーセーブ!意外性が母性本能をくすぐる!
        齋藤(ホテルマン) 仕事から駆け付け一試合だけ出場しすぐ仕事に戻る!サッカーにマゾだ!
        もり(おちもり) もはやチームのキングの風格!漫才新人大賞でもキングとなるか?
        リーグMVP ダッシュ三浦(左利き) 全試合を攻守で支えた平成の鉄人!昭和の鉄人と言われた宮田章司師匠の後継者だ!


        漫才新人大賞予選を見事通過したおちもりと左利き
        本選優勝を狙う二人がチームに不協和音をもたらす


        疑惑の初ゴールの堀江と、准看護士試験に合格したメグミさんがお互いを称え会う


        仕事が長引き第1戦欠場の齋藤
        山本さんが、仕事とフットサルのどちらが大事か問いただす


        物的な証を頂き急に嬉しくなってきた俺たち


        台東区サッカー連盟フットサル部の皆さん、来年度もお世話になります!

        今シーズン通算得失点差 マイナス1







        | 宮田陽 | 大会 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        痛恨のミス! 〜2/25 台東区フットサルリーグ2nd ステージ第2節〜
        0
          於:柳北スポーツプラザ体育館

          ピョンチャンの熱狂の裏で開幕したJリーグ。
          更にその裏では、台東区フットサルリーグ(F.Tリーグ)2nd ステージが、早くも佳境を迎えようとしていた。
          裏の裏は表。
          我々にとってはオリンピック以上に興奮、歓喜、失望が渦巻く大会だ。
          その本気度は他のチームも同様で、1stステージからの戦力の積み上げが凄まじいことになってきた。
          我が漫Pも、次世代エース確実のもり(おちもり)の補強に成功。
          すぐにユニフォームを購入させ、晴れて練習生から正式部員として、万全の体制でリーグ第2節に臨んだ。

          結果はコチラ

          なんと、(カンカラ三線)ともりの新ユニフォームの背番号が41番でかぶってしまっていたことが試合前に発覚!
          ストライカーと司令塔を嫌な気持ちにさせて試合に臨むことになってしまった漫P。
          こうして迎えた緒戦は、気落ちした岡がゴールを外し、自暴自棄になったもりはファールを連発。
          なぜか関係のない山本さん(役者)もPKを与え完敗。
          もりを早く正式部員にして拘束しようと焦った私が引き起こした痛恨のミス。
          その後2勝し暫定ながら2位に留まった漫Pだが、初優勝を狙うには痛すぎる1敗となってしまった。

          泣いても笑っても背番号がかぶっても、残すは最終節の2試合のみ。
          これ以上この事件を引きずるのは得策ではない。
          私は被害者の岡ともりを本日のMVP とする裏技で不祥事をうやむやにした。
          もう取りこぼしは許されない!

          選手評
          MVP (カンカラ三線) 絶妙ポストプレーでアシスト!漫Pの柳沢もQBK(急に.僕と同じ背番号のヤツが.来た)だ!
          MVP もり(おちもり) 漫Pの中田ヒデ、怒りのゴール連発!ということは私は漫Pの西野監督か?
          ダッシュ三浦(左利き) また超絶ロングシュート突き刺す!シュートをプログラミングされたAIか!
          齋藤(ホテルマン) 新妻に捧げるゴール!守備ではダッシュ三浦の女房役で献身プレー!
          堀江(元シンシナティ) 高速スローが更に高速に!漫Pの大谷ショウヘイだ!
          山本さん(役者) PK 与えるも他はノーミス!漫Pの宮原サトコだ!


          実は入院していたメグミさんが祝・退院!
          退院をリーグ戦に間に合わせるプロフェッショナルに頭が下がる


          そのメグミさんを励まそうと、意味不明な写真を送りつけた山本さん


          高速スローの堀江は、指がストレートの握りになってる


          相棒の堀内不在も、ダッシュ三浦はケモノのような走りで勝利に貢献


          この、もりの新ユニフォームの背番号が、まさかのダブルブッキングに、、、


          背番号がかぶり放心の岡


          背番号がかぶらず安堵の齋藤

          今シーズン通算得失点差 プラス4

           
          | 宮田陽 | 大会 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          暫定首位! 〜1/28 台東区フットサルリーグ2ndステージ第1節〜 
          0
            於:柳北スポーツプラザ体育館

            Jリーグの開幕が待ち遠しいこの時期。
            莫大な優勝賞金で大久保を買い戻したフロンターレの決断は吉とでるのか?
            斎藤学はアウェーのマリノス戦で無傷で帰れるのか?
            アントラーズに復帰の内田は奇跡のW杯メンバー滑り込みなるか?

            そのアントラーズ同様、昨年のリーグ最終戦で勝てずに首位から陥落、優勝を逃した漫P。
            一生残るトラウマを抱えたまま、悲しみに浸る間もなくJリーグに先んじて台東区フットサルリーグ(F.Tリーグ)2ndステージが開幕した。
            各チーム大幅に戦力アップしてきた今リーグ。
            漫Pも運動能力抜群のおち(おちもり)と、小学生時代種子島選抜の逸材もり(おちもり)の若手20代コンビを補強。
            悲願の優勝へ向けて万全の体制で臨んだ。

            結果はコチラ

            緒戦で満を持して投入したおちが、ファーストタッチでまさかのオウンゴール!
            永遠のライバルRIKIZO FCさんに敗戦の最悪のスタートに。
            補強は完全に失敗したと思われたが、もう一人の新加入、おちの相方もりが気を吐いた。
            頭脳的かつアグレッシブなプレーで漫Pの攻撃を牽引。
            第3戦では、昨年のリーグ最終戦で、引き分けでも優勝の我々を奈落の底に引きずりおろしたINFINIさんにリベンジを果たす、魂のヘディングシュートを決めてみせた。
            結局3試合2得点2アシストの大活躍で、チームの危機を救う勝ち点6ゲットに大貢献。
            漫Pは第1節で暫定ながら首位に立ったのだ!

            フランスW杯出場を目指す日本代表に加入し、すぐにチームの中心となった中田ヒデを彷彿とさせたもりのプレー。
            ASローマ時代、ユベントス相手に起死回生のスーパーゴールを決めたときのヒデと、同じ目つきでガッツポーズをしたもり。
            私は、漫才中には見せたことがないどう猛な雄の目つきで雄叫びを上げるもりに、漫Pの新エース誕生を確信した。

            もりが、早期引退や日本酒に走らなければ、漫Pは初優勝する!

            選手評
            MVP もり(おちもり) 見た目は下手そうなのに上手い!漫Pの中田ヒデが鮮烈デビュー!
            おち(おちもり) デビューファーストタッチでオウンゴール&相方大活躍!メンタルの回復が急務だ!
            ダッシュ三浦(左利き) 角度のないところからスーパーゴール!もはやトーキック職人だ!
            堀内(キープランニング) チームのバランスを取り続ける!もはや漫Pのお母さんだ!
            山本さん(役者) 体調不良も必死にゴール死守!もはや漫Pの60歳だ!
            栗本(2世代ターボ) 初の体育館コートにゴールならず!ノーゴールでも顔はダビド・ビジャだ!
            齋藤(ホテルマン) 仕事から駆け付け攻守に奮闘!新婦に捧げるゴールはお預け!
            堀江(元シンシナティ) スーパースローイングでゴールをアシスト!寝坊で遅刻の失態はうやむやに!
            井上(元ジョーカー) まさかの解散!まさかのシューズを持たずに急遽参加!


            アップの時点ではエロい感じだったもり
            まさかあそこまで活躍してくれるとは、、、


            アップの時点では自信満々だったおち
            このあとメンタルをやられる


            ついにユニフォーム購入を決意
            体育館用シューズも購入した栗本は本気だ


            替えの利かないダブルボランチのダッシュ三浦と堀内
            この日もブラック企業の社員のように酷使された


            遅刻してきた堀江と井上
            R1予選にリハビリ堀江の名で登場した堀江
            ホリエモンが出てくると思っていた観客からブーイングを浴びる


            シューズを持たずに参戦し、もりのシューズを借りて出場した井上
            井上はどこに向かう?


            コートでは山本さんの、家では新妻の要求に答える齋藤


            なぜかこの写真を載せるように強要してきた山本さん
            理由はあえて聞かなかった


            劇的勝利に興奮を押さえきれないメグミさん


            オウンゴールのおちを励ます会

            今シーズン通算得失点差 プラス2!



            | 宮田陽 | 大会 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            過信 〜12/29 スーパービギナー大会〜
            0
              於:アディダスフットサルパーク池袋

              台東区フットサルリーグ準優勝という素晴らしい成果を挙げた今シーズンの漫P。
              チームはダッシュ三浦(左利き)と堀内(キープランニング)の鉄壁のダブルボランチを要に、ワンランク上の負けないチームへと進化を遂げた。
              進化したチームの戦場は、当然ワンランク上のカテゴリーであるべきだ。
              そう考えた私は、今シーズン最後の参加大会を、いつものウルトラビギナー大会からスーパービギナー大会へとランクアップさせた。
              J2からJ1に上がってすぐに輝かしい結果を残したセレッソと同じことが、今の漫Pなら出来るはず。
              確信を胸に今シーズン最終戦に挑んだ。

              結果はコチラ

              せっかく逆転しながら終盤のマズイ試合運びで再逆転を許し緒戦を落とすと、リズムが狂いズルズルと連敗。
              動体視力の衰えた山本さん(役者)が連続オウンゴール。
              ケンさん(Wリンダ)が相手選手を恫喝した挙げ句に負傷離脱。
              目の前に広がる、いつか見た懐かしい光景。
              いとも簡単に負け犬の姿に戻ってしまったチーム。
              だが選手に非はない。
              上のカテゴリーでやれると踏んだ、私の過信が生んだ惨敗だ。
              来季は調子に乗らずに、また一から謙虚に挑めというサッカーの神様の戒め。

              ところでスーパービギナー大会といえば思い出すのが漫Pを立ち上げ初の参加となった、同じ池袋の7年前の大会だ。
              おそらくスーパービギナー位の実力だろうと正に過信して臨んだ我々は、0勝4敗・得点0失点30の歴史的惨敗を喫したのだ。
              今も語り継がれる池袋の悲劇
              だが考え方を変えれば、同じ惨敗、同じ最下位でも今回は1分4敗・得点5失点12で勝ち点も得点もゲットしている。
              つまり漫Pは7年でちゃんと進化していたのだ!
              これも過信か?

              とにかく来季は謙虚に挑む。
              実力を踏まえ、常に守備から入る。
              強くないんだから、まずは如何に失点を押さえるか。
              来季の漫Pの目標はあまり負けない犬年だ!

              選手評
              MVP (カンカラ三線) 2ゴール!来季40歳となるがプレーも容姿も高校生だ!
              MVP 長谷川(キラーコンテンツ) ワントップにコンバート!危険な匂いのしないチェリーらしい動きをみせる!
              ダッシュ三浦(左利き) 女子にも容赦せずボールを刈りに行く!男子に肘打ちを食らう!
              堀内(キープランニング) 攻撃でも貢献!来季は攻守に馬車馬のように働いてもらう!
              堀江(元シンシナティ) ビッグセーブ連発&出血!来季はついに正ゴールキーパー昇格か?
              山本さん(役者) オウンゴールで2失点!年が明けたら急に若返っててほしい!
              和出(キラーコンテンツ) 動かないディフェンス完成!無闇に打つロングシュートは未完成!
              ケンさん(Wリンダ) 顔面&親指負傷!ケンさんのケガと恫喝は年末の風物詩に!


              し烈な正ゴールキーパー争いを繰り広げる25歳(左)と60歳
              堀江がポジションを奪えば、向こう35年正ゴールキーパーとなる可能性も


              漫Pの両エースは40歳(左)と39歳
              ケンさんはまだケガする前で笑顔


              花を摘みに行き遅刻したチェリーボーイ
              奥には顔面を負傷したケンさん


              ボール刈り隊、来季も宜しく!


              冬の日差しに衰弱していく和出


              顔も親指も腫れだしたケンさん
              昨年はやはり12月大会で口を負傷
              前世で12月に悪事でも働いていたのか?


              ケンさんしか大きなケガをしなかったから笑顔の部員達
              今シーズンの応援ありがとうございました!

              今シーズン通算得失点差 マイナス20


              | 宮田陽 | 大会 | 03:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              無念! 〜11/26 台東区フットサルリーグ最終節〜
              0
                於:柳北スポーツプラザ体育館

                ほぼサウジアラビア代表アルヒラルに勝利し見事10年ぶりのアジア王者の偉業を成し遂げた浦和レッズ
                0-0の引き分けでも良い2ndレグで、相手に先制点を与えない前線からの積極的守備が素晴らしかった。
                そしてこれは、ACLの試合がある時は減収覚悟でJリーグを金曜日に前倒ししたり、アウェイに専属コックを帯同したりしたレッズフロントの勝利でもあった。

                台東区フットサルリーグ(F.Tリーグ)の栄えある初代王者がいよいよ現実味を帯びてきた漫P。
                2位と勝ち点2差で迎えた最終節。
                今年初の参加となった漫Pの本物中のホンモノ佐藤くん(元ベルマーレユース)と急いで今年の契約更改を済ませ、万全の戦力で残り2戦に臨んだ。



                結果はコチラ

                優勝がちらつき固さが目立ち先制を許した第1戦を、ダッシュ三浦(左利き)のスーパーゴールで追い付くと、佐藤くんの圧巻2ゴールで勝利。
                いよいよ最終戦を引き分けでも優勝となったのだ!
                レッズと同等の快挙をレッズと同じ状況で手に出来る状況。
                私はレッズのフロントに倣い選手に最高のサポートをすることにした。
                優勝したら熟女パブに招待することを約束し、選手のモチベーションをアップさせたのだ。
                しかし運命の最終戦、相手にあっさり先制点を許すと更に突き放され、ダッシュ三浦の意地の2得点で追いすがるも結局力負け。
                最後の最後で魔法が解けたようにいつもの漫Pに戻ってしまったチームは、わずか勝ち点1差の準優勝で終戦の非情な結果に、、、

                後から、この日の参加メンバーの誰一人、熟女に興味がなかったことが判明。
                熟女パブでモチベーションがアップするのは、この日不参加の山本さん(役者)だけだったのだ。
                完全なフロント側のミス。
                ニンジン作戦で、エサを間違えた代償はあまりにも大きかった。

                最終戦まで、本当に魔法にかかったかのように実力以上の力を発揮し快進撃を続けてきた今リーグ。
                来年1月から始まる予定の台東区リーグシーズン2で、漫Pが悲願の初制覇を果たすことは出来るだろうか?
                もう一度選手が魔法にかかるようなご褒美を考えねば。
                今のところ相席居酒屋ご招待が第一候補だ。

                選手評
                佐藤くん(元ベルマーレユース) 敵からも歓声が沸く美しいボールタッチ!複数年契約を結んでおけば良かった!
                MVP ダッシュ三浦(左利き) ついにゴールも決めるボランチに覚醒!ジェラードとランパードと東けんじを足したような男だ!
                堀内(キープランニング) インターセプト100%成功!カンテとカゼミーロを足して小さくしたような男だ!
                冨田(アシッド宣言) 山本さんと堀江の両キーパー不在を救う!もう山本さんの時代じゃない宣言!
                ケンさん(Wリンダ) 絶好機を決められず!漫才協会のカレンダーのデザインの疲れが足にきたか?
                齋藤(ホテルマン) ゴールの匂いがする選手に変貌!もう嫁が見てなくても大丈夫だ!
                和出(キラーコンテンツ) 合間の練習試合でスーパーゴール連発!本番で不発!


                準優勝の賞状
                漫才協会の事務所に強引に飾ろう


                準優勝のトロフィーにキスする40歳


                ダブルボランチは漫Pの宝だ


                和出はタップダンスも踊れる万能デブだ


                応援のためだけに愛知からの帰り直接駆けつけた堀江と、堀江の穴を埋めたGK冨田(右)
                堀江に、実家にフットサルの用具を持参する頭が働いていたら、、、


                リーグ戦皆勤のメグミさんを齋藤が祝福
                齋藤は熟女好きではないのでカミさんご安心を!


                最終戦前にインスタ映えを狙った部員たち
                2位に終わるのを暗示していた!


                台東区サッカー連盟フットサル部さんありがとうございました!
                次回も是非宜しくお願いします!

                今シーズン通算得失点差 マイナス13

                | 宮田陽 | 大会 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                新戦力発掘! 〜11/3 ROX CUP
                0
                  於:ROX・3Gスーパーマルチコート

                  もしワールドカップ予選最終戦にメッシが何らかの理由で出場出来ていなかったら、アルゼンチンは予選敗退となっていたのではないか?
                  ユーロ2016でベスト4に進出し、ワールドカップ予選でも順調に勝ち点を伸ばしていたウェールズだが、最終戦で敗れまさかの予選敗退。
                  怪我でベイルを欠いたのが痛すぎた。
                  予選プレーオフでホンジュラスとの最終決戦を控えるオーストラリアは、ここに来てエースケイヒルを怪我で欠く可能性が出てきて、一気に暗雲が立ち込めてきた。
                  チームスポーツのサッカーだが、最後の明暗を分けるのは圧倒的な個の有無だ。

                  そして、今月末ついに台東区フットサルリーグ初代チャンピオンの座をかけ運命の最終節を迎える漫Pにも、にわかに暗雲が立ち込めてきた。
                  エース山崎(海上自衛隊)の穴を埋めて余りある活躍をしてくれた助っ人伊東くんの、最終節不参加が確定。
                  つまり伊東システムが使えないのだ。

                  大きな不安に襲われ出した私にとってROX CUP は急きょ救世主候補を探す場となった。

                  結果はコチラ

                  救世主候補はいきなり現れた!

                  栗本くん(2世代ターボ)

                  カードを欲しがり審判を挑発する狂気の男。
                  ダビド・ビジャの風貌で、レスターの岡崎、いや、全盛期のテベス、いや、気合いが入り過ぎたビダルの如くヤバい目でボールを狩りに行く。
                  かと思うとベンゼマのような冷静なポストプレーでアシストを決める。
                  そしてまた審判を挑発、、、

                  漫Pの元祖暴れん坊ケンさん(Wリンダ)との、狂気の2世代コンビが成立すれば面白いことになるかもしれない。
                  と思ったら、栗本くんもケンさんと変わらぬアラフォー世代なことが判明。
                  つまり未来は期待薄。
                  だが、次の最終節に限れば、エンジン全開の同世代ターボコンビが救世主になる可能性はある!
                  燃え尽きるまでRUNだ!
                  但しレッドカードだけは気をつけてくれ。

                  選手評
                  ダッシュ三浦(左利き) 忠実にディフェンス!前回のマッチレポートで山本さんのミスを忠実に報告!
                  山本さん(役者) 意地のノーミス!ダッシュ三浦とはネイマールとカバーニの関係に!
                  堀江(元シンシナティ) スーパースローイングでアシスト!碧南市の希望の星だ!
                  堀内(キープランニング) また得点で益々偉大な人に!コートから出ると小っちゃい人に!
                  井上(ジョーカー) きっちりゴールし得点王争いトップキープ!今年もぴろきストラップゲットなるか?
                  和出(キラーコンテンツ) 究極の動かないディフェンス完成間近!これなら80歳まで現役だ!
                  長谷川(キラーコンテンツ) 久々参加なのに技術が向上していた!バーチャル系恐るべし!
                  (カンカラ三線) 衰えないゴール感覚と若さ!30代最後も童顔で過ごす!
                  MVP 栗本(2世代ターボ) 疲れ過ぎて試合中の記憶をなくす!ヤバいヤツだ!


                  高校の同級生で、今は秋田高専で教鞭をとる体育学の准教授、プロフェッサー白根に漫Pの体育学的チェックを依頼


                  まさかの“和出の動かないディフェンス”を一番評価!
                  当然と言いたげな和出


                  有頂天の和出と、ダッシュ三浦に怒る山本さん


                  仲良しな二人
                  翼くん&岬くんから爽やかさを削ぎとる井上&堀江に


                  漫Pのメッシとダッシ
                  旧メッシのピー介は元気だろうか?


                  高校サッカー部の部員とマネージャーに見えなくもない


                  チェリーが44歳まで継続するのを暗示しているかもしれない


                  プロフェッサー白根はこの後歌舞伎町へと消えていった

                  今シーズン通算得失点差 マイナス12




                  | 宮田陽 | 大会 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  首位死守! 〜10/29 台東区フットサルリーグ第3節〜
                  0
                    於:柳北スポーツプラザ体育館

                    史上稀にみる大混戦となったロシアワールドカップ南米予選
                    神様メッシのハットトリックの活躍でアルゼンチンは生き残り、南米王者チリはまさかの敗退。

                    南米予選に負けず劣らず大混戦となってきた台東区フットサルリーグ(F.Tリーグ)。
                    誰一人予想だにしなかった首位でリーグ前半戦を折り返した漫Pだが、得失点差でわずかに2位を上回っているだけで全く予断を許さない。
                    3位以下とも勝ち点差は僅かで、一つの取りこぼしで一気にBクラスへ転落=チリの二の舞になりかねない状況。
                    しかも前節をもって司令塔の山崎海上自衛隊に電撃移籍。
                    しかもこの大一番に、私が仕事で参加出来ず、、、
                    急きょキャプテンのダッシュ三浦(左利き)を監督代行に臨んだ。
                    この日漫Pは、アルゼンチンとなるか、チリとなるか。

                    結果はコチラ

                    ダッシュ三浦が連れてきてくれた大学生助っ人伊東くんに全てを託す伊東システムが完全に機能。
                    正部員達は安心していつもの自分の役割に専念し見事2連勝!
                    第3試合こそ、メンバー総入れ替えで生まれ変わったニューRIKIZOさんに敗れるも、勝ち点6を積み上げ首位を守ったのだ!
                    ・山崎の穴を埋めて余りある強力助っ人の招聘に成功。
                    ・その伊東くんを最大限に生かすシステムの選択。
                    ・そして伊東くんに気持ち良くプレーさせた人心掌握力。
                    監督代行の域を超え、ある意味ハットトリックの働きをしたダッシュ三浦が漫Pの危機を救い、漫Pはアルゼンチンとなり、ダッシュ三浦はメッシとなった。

                    2位と勝ち点2差で迎える最終節。
                    ダッシュ改めて神様ダッシが漫Pを頂点に導く!

                    選手評
                    山本さん(役者) 漫Pの川島は、この日もミスは1回程度だっただろう。
                    堀江(元シンシナティ) 新旧シンシナティ問題を吹っ切りスーパーセーブを見せただろう。
                    堀内(キープランニング) 得点も挙げ、そろそろ女にモテだすだろう。
                    ケンさん(Wリンダ) 恫喝することもなく、40歳の大人のゴールを決める!
                    齋藤(ホテルマン) 新妻が来れなくてもゴールを決める!
                    伊東くん(大学生) 全てやってくれる!若者は国の宝だ!
                    MVP ダッシ三浦(左利き) 頼りになる神様!相方小介はまだその力に気付かず!


                    ありがとう伊東くん!
                    ピッチピチの若者を漫女のエミさんに触らせてあげたい


                    伊東くんの前では肌の衰えが否めないケンさんと、若くして肌の衰えが目立つ堀江
                    漫協では二人ともイケメン枠だ


                    60代にしてはピッチピチでビンビンの山本さん


                    堀内ちっちゃいな!
                    ダッシより堀内がメッシみたいだ


                    帰ったら新妻にゴールの報告をするのだろう

                    今シーズン通算得失点差 マイナス10






                    | 宮田陽 | 大会 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    快進撃! 〜9/24 台東区フットサルリーグ第2節〜
                    0
                      於:柳北スポーツプラザ体育館

                      新戦力の躍動で見事オーストラリアに勝利しワールドカップ本選出場を決めたハリルジャパン
                      10年先を考え頑なにパスサッカーにこだわったオーストラリアと、来年格上のチームに対抗するためのチーム作りを進める日本。
                      理想主義に現実主義が勝利した戦いだったとも言えるだろう。

                      さて漫Pが目指すのはどちらか?
                      もちろんハリルホジッチの現実路線だ。
                      相変わらず主力の高齢化が著しい漫Pの10年後など考えただけで恐ろしい。
                      10年後の成功よりも今の快楽が欲しいのだ。
                      そもそも歴代の日本代表の戦術を模倣するのが私の信条である。

                      こうして台東区フットサルリーグ(F.Tリーグ)第2節に、デュエルだけを指示して臨んだ。

                      結果はコチラ

                      テクニシャン揃いの相手に、この日も愚直にデュエルを挑み続ける選手達。
                      日本代表のように、ボールポゼッションで負けているのに押し込んでいく漫P。
                      そして、泥臭く相手ボールを刈ってはシュートを打ちまくる。
                      すると、対戦相手のエースがことごとく漫P戦には間に合わないというカミカゼまで吹き出す!
                      ひたむきな姿勢が神様まで味方につけ勝利を重ねた漫Pが、リーグ戦を3勝2分勝ち点11なんと無敗で折り返したのだ!
                      何と言う快進撃!
                      リフティングが3回と続かない選手達がハリルジャパンの選手とダブって見える!

                      レスターばりの、漫P奇跡のリーグ制覇、、、マジであり得る!

                      選手評
                      山本さん(役者) 戦力外通告の危機からの復活は漫Pの川島!誰にもバレないシュミレーションで時計を進めるベテランの味!
                      堀江(元シンシナティ) 新しいGKの象徴は漫Pの中村航輔!グローブを片方紛失し、元相方が新シンシナティでM1一回戦突破とダブルショック!
                      堀内(キープランニング) 爪が剥がれる怪我を負いながらの完璧守備&ゲームメイクは漫Pの長谷部!佐藤ありさとは真逆系に好かれる傾向あり!
                      ダッシュ三浦(左利き) ボールを刈って刈って刈りまくるディフェンスは漫Pの山口蛍!監督の無謀な指示通り動きゴールもゲット!
                      MVP 齋藤(ホテルマン) 入籍後ゴールラッシュは漫Pの中島翔哉!ゴール前で余裕が生まれるのは男の自信=入籍効果だ!
                      MVP 山崎(仮・海上自衛隊)入隊前の大一番で大爆発は漫Pの柴崎!打ち上げでは自衛隊の色んな噂に怯える子羊に!
                      ケンさん(Wリンダ) 見事なポストプレーは漫Pの大迫だが、本人は高木琢也だと主張!日本人離れした王様の振る舞いは漫Pのイブラヒモビッチか?


                      祝結婚!
                      ゆみちゃんは人妻ということだ!


                      俺もまだまだイケるとアピールの山本さん


                      なぜ私じゃなかったのと問い詰めるメグミさん


                      王様と、陰で支える二人


                      加勢大周vs新加勢大周に続く、新旧シンシナティ問題勃発の堀江


                      海上自衛隊入隊直前の山崎
                      日本と自分の体を守ってくれ!

                      今シーズン通算得失点差 マイナス12


                      | 宮田陽 | 大会 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      + プロフィール
                      profilephoto
                      漫才協会フットサル部(漫チェスターP)の選手兼任監督。 夢はビギナー大会で優勝すること。 漫Pのチーム分析、成長(後退?)の道程を記していきます。
                      + PROFILE
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PR
                      + RECOMMEND