漫チェスターP  〜 Fリーグへの道 〜

漫才協会フットサル部の軌跡を記す
準備
0
    こんなにサッカーが観れない日々が続くなんて、予想もしていなかった。
    Jもリーガもない生活。
    本来なら今日はW杯予選のミャンマー戦だったのに、、、
    しょうがないからサンチャゴ・ベルナベウの紙の模型を作成し、眺めて茶を濁している。





    再開が不透明なのはプロの世界だけではない。
    4/26開幕予定の台東区フットサルリーグもどうなることか。
    だが、プロ同様、我々も準備だけは怠る訳にはいかない。
    長い空白は、特に初老以上の私やケンさん(Wリンダ)、山本さん(役者)の筋力を奪うのだ。
    という訳で、今月もK.N.S.Pさんの練習に参加させていただいた。

    参加10名中、両チームに所属する滝田さんを含め8名が漫P部員で占められた中、初参加のパラダイムシフトの若手二人が躍動。



    いかにも下手そうな渡邉(右)が天才的なゴールへの臭覚でゴール量産。
    上手そうな高倉(左)は、無駄走りと無駄に高い声で存在感を示した。

    二人が今後漫Pの戦力になるかは未知数だが、チーム若返りへの準備を確実に進めるシーズンオフの漫P。
    新型コロナが終息したら、新型漫Pが台東区リーグで猛威を振るう!
    相手チームにとって無症状で終わるかもしれないが。


    オーバーワークで腰を痛めたケンさん
    ベテランなのにペース配分が出来ないのが魅力だ!



    若手へ引き継ぎまで、あとひと踏ん張りの山本さんと私


    ナイツ塙くんの車をこすってしまい、落ち込む堀江(ワッショイ)


    恥骨故障中の滝田さんと、恥骨が丈夫そうな河野さん


    石橋さんはケンさんの高校の先輩にあたるらしい。
    やべぇ高校だったのか?


    大挙押し掛け失礼しました!
    またよろしくお願いいたします!


    練習前、桜を見る会でダッシュ三浦(左利き)と夢を語り合う


    | 宮田陽 | 練習 | 15:57 | comments(0) | - | - | - |
    目標達成 〜2/23 2019~2020台東区フットサルリーグ第八節(最終節)〜
    0
      今年のJリーグが無事に開幕した。
      神戸では、新型コロナ対策で、鳴り物持ち込みや肩を組んでの応援が禁止に。
      だが、逆に一つ一つのプレーへの観客のどよめきやブーイングがハッキリ聞こえてきて、新鮮で心地よかった。
      何はともあれ開幕出来てホントに良かった。

      Jリーグ開幕は台東区フットサルリーグ閉幕の合図。
      こちらも、プレー中以外マスク着用、試合開始時と終了時の相手チーム選手との握手自粛などの対策を施し、無事に最終節を開催していただいた。
      この日の漫Pは、今シーズンの目標の5位(7チーム中)に向けて、絶対に落とせない下位2チームとの直接対決2連戦。
      私が仕事で緒戦に間に合わないため、ダッシュ三浦監督代行(左利き)とケンコーチ(W リンダ)、そして急きょ駆けつけてくれた三上さんにチームを託し決戦に臨んだ。

      三上さんの熱血指導にひれ伏す部員達

      結果はコチラ

      眠れる獅子のケンさんがついに覚醒する。
      緒戦、2点のビハインドからなんとか追い付いたものの、誰もが引き分けと思ったその瞬間、終了のブザーと同時に勝ち越しゴールをゲットしたのだ!

      ブザービートの証拠写真

      奇跡はそれで終わらない。
      負ければ順位が入れ替わってしまう、6位チームとの今シーズン最終戦。
      2点ビハインドから1点返したものも時すでに遅しと思ったその瞬間、終了のブザー直前に、ケンさんが起死回生の同点ゴールを頭でゲット!
      目を覚ました獅子を取り囲み、獅子舞のように狂喜乱舞する部員達。
      先日のK.N.S.P.さんとの練習で復調の兆しを見せていたケンさんだが、復調どころかフットサルの神様が降臨してしまったのだ。

      1点目でヒーローになり、2点目でレジェンドとなったケンさん。
      ACミランを救うイブラヒモビッチに倣いズラタン・ケンブラヒモシンジュクビッチを襲名だ。
      そして、紆余曲折を経ながら目標を達成した今シーズンの漫P。
      終わり良ければ全て良し。
      気が大きくなったので、4月からの来シーズンでは、思いきって5位定着を目指す

      選手評
      MVP ケンさん(Wリンダ) 価千金のブザービート弾連発!2/23=ケンさんの日に決定!
      滝田さん ケンさんのゴールの陰に滝田さんのアシストあり!ゴールも量産で得点王争いトップに!
      ダッシュ三浦(左利き) 名采配、ゴール奪取と申し分ない日!昼に行われた漫才新人大賞予選だけ結果出ず!
      堀内(キープランニング) 三上さん絶賛の守備組織をまとめる!漫才新人大賞予選だけネタがまとまらず!
      堀江(ワッショイ) アシスト決め引っ越し決め、漫才新人大賞予選以外充実!
      ウスイ(髭兎) 初参加で美しいパス披露!入部を強要され承諾!
      山本さん(役者) 女子達の観戦に発奮セーブ!実質MVP だと言い張る!


      購入したユニフォームお披露目で、はしゃぐ滝田さん


      ケンさんの圧力で入部を断れなくなったウスイの髭は濃い


      どちらが失点が少なかったかで揉めるGK達


      敵のパスもウイルスも通さぬ堀内


      コーチと監督代行
      この日もダッシュ三浦采配のほうが勝率アップを証明


      今リーグを戦い抜いた戦士達


      労をねぎらう老兵二人

      今年の通算得失点差 マイナス7





       
      | 宮田陽 | 大会 | 14:45 | comments(0) | - | - | - |
      再生工場
      0
        2/12、今年初となるケイ・エヌ・システムプランニングさん(以下K.N.S.P.)との練習に参加させていただいた。
        今回は漫Pのエースケンさん(Wリンダ)が初参加。

        一昨年の得点王のケンさんも、昨年はケガに苦しみ2得点で終了。
        今年に入っても調子は上がらず、現在リーグ戦無得点。
        フォームを崩し得点感覚を失ったケンさんは、このまま老いていってしまうのか?
        過去のエースになってしまうのか?

        そんな心配をよそに、この日ケンさんは躍動する。
        縦横無尽に走り回り、シュートを打ちまくる。
        そして、黄金の左足からビューティフルゴールを連発。
        2時間ぶっ続けでボールを追いかけてるうちに、得点王時代の自分のフォームを思い出したケンさん。
        更に、肉体改造にいそしんでいた時代の身体のキレも取り戻したケンさん。
        K.N.S.P.さんが漫Pのエースを再生してくれたのだ。
        K.N.S.P.さん様様だ。
        K.N.S.P.さんは、選手再生工場、そう、漫Pのノムさんだ!
        これからも、フォームを崩した選手を参加させるので、再生よろしくお願いします!

        モデルとして再生を目指す部員達
        堀江(ワッショイ)だけ何故かムカつく










        男としての再生を目指す山本さん(役者)
        フィールドで2得点あげご満悦


        いつの間にか引退撤回しているK.N.S.P.の河野さん


        K.N.S.P.さん、来月もよろしくお願いいたします!



        | 宮田陽 | 練習 | 15:31 | comments(0) | - | - | - |
        ゆりかご 〜1/26 2019~2020台東区フットサルリーグ第七節〜
        0
          於:柳北スポーツプラザ体育館

          バルサの監督が解任された。
          リーガで首位を走っていたのに解任。
          結果を残しても、クラブの哲学に合致しない戦い方だと判断されると首を切られる。
          メガクラブはどんだけシビアなのか。

          未だクラブの哲学も定まらぬ漫P。
          だからか、結果を残せなくても監督の首は安泰だ。
          台東区フットサルリーグでは、5位(7チーム中)に入れば実質優勝だと選手に言い聞かせ、再開された戦いに臨んだ。

          結果はコチラ

          昨年、作戦ボードを譲渡したコーチ兼任のケンさん(Wリンダ)に戦術を丸投げ。
          ケンさんの戦術は、とにかく頑張れ!行け!
          選手が指示通り愚直にボールを追い続けると、ひたむきな頑張りが結実する。
          皆で必死に繋いだボールを齋藤(ホテルマン)が連続ゴール!
          愛妻祐未ちゃんが愛娘ハナちゃんを連れて駆けつけてくれた御前でゆりかごダンスを披露出来たのだ。
          前節は沈黙し、しょうがないから居酒屋でやったゆりかごダンスを、ついにピッチで!しかも2回も!

          データをとるまでもなく、齋藤は愛妻が応援に来てくれた時に得点力がアップする。
          それに愛娘が加わり、得点力が更に倍増したわけだ。
          恐るべし愛の力が生んだラブゴール。
          漫P躍進の鍵は、それぞれがゴールを捧げられる愛する存在をもつことだ。
          この際、ラブゴールのためなら、実在しないかもしれないバーチャル彼女でもラブドールでもかまわない。

          愛する存在を見つけよ!これが漫Pの今年の戦術。
          漫Pの哲学は「愛」に決まり。
          だから漫Pのシンボルは直江兼続とする!

          選手評
          ダッシュ三浦(左利き) 監督にだまされ長時間出場を強いられる!飛ばしすぎて後半ヘロヘロに!
          堀内(キープランニング) この日もボール狩りまくる!日に日に齊藤未月(ベルマーレ)が乗り移る!
          滝田さん ゲームメイクからのゴールゲット!サッカーが上手い顔をしている!
          もり(おちもり) ゲームメイクからのゴールゲット!ダメな身体をしてるのにサッカーが上手い!
          ケンさん(Wリンダ) シュートミス!作戦ボードは使いこなす!
          堀江(ワッショイ) またもやゴールスローで得点!何かが充実している!
          MVP 齋藤(ホテルマン) 美しい2ゴール&ゆりかごダンス!興奮状態のまま親子で帰路に!
          山本さん(役者) 指先でスーパーセーブ!簡単なシュートは防がず!


          滝田さんにモップのつけ直しをさせられる堀江
          監視するダッシュ三浦
          サッカーカーストができつつある


          サッカーが上手いように見えないもり(真ん中)


          他人だったら目をあわせないよう注意したいケンさんと、ボールの狩人


          ハルちゃんのお父さんと、近所のおじいさん


          漫Pが誇る世代別美女が勢揃い


          ハルちゃんと早く選手契約したい!

          | 宮田陽 | 大会 | 10:02 | comments(0) | - | - | - |
          漫P練馬支部新年会
          0
            恒例の漫P練馬支部新年会が開催された。
            練馬支部といっても、純粋な練馬区民は私と中島(コンパス)だけ。
            ダッシュ三浦(左利き)は杉並区民。
            だが、以前練馬に住んでいたということで参加資格をギリギリクリア。
            堀江(ワッショイ)に至っては、板橋区民だが最寄りの駅名が東武練馬で、練馬の文字が入っているというウルトラCで資格をゲット。
            ラグビーの代表資格よりも更にゆるい基準で結成されているのが練馬支部なのだ。

            この日は、新年会兼U23日本代表戦準決勝テレビ観戦を予定し私の自宅で開催したのだが、日本代表はまさかのグループリーグ敗退。
            日本代表が出ない準決勝に興味を持つことは難しく、急きょ中島が借りて来てくれたサッカーのDVDを流すが、なぜかプレーシーンがほとんどない内容で、途中で断念。
            結局、ピザを食いまくりながらサッカーに関係ないおしゃべりをして、女子会のようにキャッキャ盛り上がった。
            堀江がマヨネーズNGのため、我が宮田一門の伝統食であるポテマヨピザ(ドミノピザ)を振る舞うことは出来なかったが、ポテマヨピザ以外のドミノピザも美味しいことに気づくことが出来たので有意義だった。

            今年は、練馬支部の面々にも様々な変化が訪れる予感がするが、とにかく団結が大事だ。
            漫Pの繁栄は練馬支部から。
            練馬支部はワンチームで突き進む!
            そして、強固な団結を維持するため、漫P局中法度の作成に取りかかる!


            堀江が近々引っ越しで練馬区民になる予定。
            練馬区民籍取得で、みなし会員脱却だ!
            | 宮田陽 | よもやまばなし | 13:36 | comments(0) | - | - | - |
            アチャラナータ東京
            0
              2020年の蹴り初めはアチャラナータ東京さんとの練習試合。
              アチャラナータとは不動明王を意味し、名前の通り持宝院というお寺のチーム。
              そして、持宝院の板橋兄弟のもと、毎週のようにハードな練習を行っているすごいチームなのだ。
              過去には板橋兄弟はもちろん、アチャラナータに所属する漫才コンビの市原らに、漫Pはさんざん助けてもらってきた。
              そんなアチャラナータ東京さんから練習試合のお誘いをいただき、嬉しくてしっぽをふりふり出向いた漫P。
              だが、そこで目にしたのは、漫Pとはあまりにレベルが違うチーム運営。
              板橋兄弟のもと、キビキビ動く統率のとれた部員達。
              その部員達に、ピッチの外から指示を送り見守る板橋兄の姿は、まさに不動明王。
              そして、ユニフォームはもちろん、なんと部員達が着用している練習用ビブスにまで、個人のネームが入っているではないか!
              揺るぎなき守護者の管理のもと、ハード面でもソフト面でも理想的なチームとなったアチャラナータ東京。
              アチャラナータ東京が全国優勝を目指している高校だとすると、漫Pは他の部活の生徒に助っ人をお願いしてなんとか県予選に出場する高校みたいなものだ。

              本当にうらやましい相手に、色々刺激を受けた年始め。
              今年は、アチャラナータ東京に少しでも近づきたい。
              あるいは、いっそのことアチャラナータ東京に漫Pごと吸収されたい!
              お土産に美味しいお菓子を沢山いただくという施しまで受けた時、一瞬私の頭は煩悩だらけになっていた。
              アチャラナータ東京さん、今年もよろしくお願いいたします!


              漫Pの欠かせない戦力になってきたK.N.S.P.河野さん(左)と滝田さん(中)
              根津っち(右)と石橋さん(奥)は出場を拒否


              ポストプレーまで覚えたダッシュ三浦(左利き)
              ボールを刈りまくる堀内(キープランニング)は、小さいから漫Pの齊藤未月襲名だ!


              強シュートから身体をよけゴールを許した山本さん(役者)
              年が明けたら衰えたか?


              アチャラナータ東京さん、また対戦してください!


              漫Pの不動明王は動いた!
              ぴろき終身名誉監督(ウクレレ漫談)が衣装をチェンジ!
              | 宮田陽 | 練習試合 | 16:11 | comments(0) | - | - | - |
              漫Pアウォーズ2019
              0

                あけましておめでとうございます。

                2020年が日本サッカーにとって素敵な年になるよう祈ります。

                働き方改革に逆行する森保監督、大変だろうがオリンピックでもワールドカップ予選でも結果を残してくれ!

                 

                12月29日、代々木でのウルトラビギナー大会で蹴り納めとした漫P。

                その後、堀江(ワッショイ)のバイト先に移動し、一年を総括する恒例の漫Pアウォーズが開催された。

                 


                冒頭、この一年の漫Pの総括を、一度も参加が叶わなかったのに的確にしてくれた山口師匠(山口君と竹田君)

                 

                アウォーズで発表された各賞と賞品は以下の通り

                 

                MIP(最も印象に残ったプレー) ケンさん プーマパーカー

                5/26リーグ開幕戦で新参チームの選手と一触即発の場外バトル

                ベストゴール 堀江 アディダスジャージ上下

                /31リーグ戦でキーパースローで得点

                アシスト王 堀内 プーマウインドブレイカー

                毎節スルーパスを連発

                若林源三賞 山本さん プーマパーカー

                ペナルティーエリア外からのシュートの50%を止める

                ベストマネージャー メグミさん(3年連続) 腕時計セット※青空うれし師匠提供

                ライバル視されたイクちゃんが一回も参加せず文句なしの受賞

                最優秀エージェント 栗本 プーマウインドブレイカー

                滝田さん、中野さんを漫Pに誘導

                最優秀実質監督 ダッシュ三浦 プーマパーカー

                指揮した試合での勝率が陽監督をはるかに上回る

                最優秀コーチ ケンさん 作戦ボード※陽監督のお下がり

                声の大きさで敵を委縮させる戦術がトレンドに

                最優秀アドバイザー 三上さん(2年連続) プーマ帽子&ネックウォーマー

                この1年、だれも三上さん以上のアドバイス出来ず

                祝第一子誕生 齋藤 プーマハーフパンツ

                7月ハナちゃん誕生

                最優秀助っ人 滝田さん プーマバッグ

                驚異のキープ力で助けてくれる

                優秀助っ人 河野さ中野さん 湿布薬※松旭斎小天華先生提供

                ベストパートナーシップ ケイ・エヌ・システムプランニングさん goleadarストッキング、浅草演芸ホール割引券、手ぬぐい

                ご馳走になりまくったうえ、左利き独演会の観客動員に貢献  

                ベストタップダンサー 堀江 長財布

                漫才大会でソロタップをやり遂げる

                終身名誉監督ぴろき賞 ダッシュ三浦 エコバッグ他※ぴろき終身名誉監督提供

                左利き独演会でぴろきさん指令の1時間漫才をやり遂げる

                P LOVE 山口師匠 令和クリアファイル

                Pアウォーズの賞品を大量に寄付

                 

                得点王 

                14点 もり ※アウォーズ欠席のため賞品なし

                 9点 ダッシュ三浦 ルイヴィトン財布※宮田章司師匠提供

                 7点 齋藤

                 6点 陽

                 5点 堀内

                 4点 岡、おち

                 2点 伊藤、沢田、ケン、タキタ父

                1点 堀江、タキタJr

                 

                 各月MVP プーマシューズケース他

                1月9月    堀内

                1月6月10月 もり ※アウォーズ欠席のため賞品なし

                2月9月    岡  ※アウォーズ欠席のため賞品なし

                3月7月9月  山本さん

                3月6月9月  ダッシュ三浦

                5月      齋藤

                12月     ケンさん

                12月     おち ※アウォーズ欠席のため賞品なし

                12月     堀江

                 

                ベスト5 芸人執筆書籍

                山本さん堀内ダッシュ三浦齋藤堀江

                 

                Pバロンドール 偽ワールドカップ盾 副賞:高級おしりふき

                齋藤 父親の自覚で攻守に急成長 ※ハナちゃんを将来漫Pに差し出す条件で受賞

                 

                ※プーマ製品は、ほぼ100%山口師匠提供

                 

                直前の大会で惨敗を喫したため、意気消沈したままアウォーズに突入するのではと懸念された今回。

                しかし、この日の三上さんの指導で初めてフットサルに開眼した漫Pの志士たちが、漫Pの夜明けとばかりに湧き立ち、会は大いに盛り上がった。

                ベスト5から漏れたケンさんが荒れ狂う懸念があったが、ケンさんが風邪気味で穏やかで助かった。

                そして、堀江のお陰でお店から滅茶苦茶サービスしてもらい、持つべきものは飲食店で働く後輩だと再確認した。

                とにかく2019は終わった。

                2020はどうなるのか?

                三上さんのモダンフットサルと、ケンさんの勢い至上主義フットサルで対立が芽生えるのか?

                若手の新入部員は現れるのか?カズと山本さんはどちらが先に引退するのか?

                懸念材料満載ではあるが、まずは目標である台東区リーグ5位キープ(7チーム中)に向けて邁進する!

                 

                三上さんは漫Pの迷える子羊を導く宣教師だ

                 

                若林源三賞に納得の山本さん

                 

                ビジャではない

                 

                キーパーなのにベストゴール賞受賞の堀江

                またお店を使いたいからずっと辞めないで働いててほしい

                 

                漫Pにメチャ良くしてくれるK.N.S.P.の河野さん、リサさん、石橋さん

                横顔は、勢いで入部を決めてしまった中野さん

                 

                引退宣言の件をリサさんに説教される河野さん

                真ん中は、やはり勢いで入部宣言してしまった滝田さん

                 

                終身名誉監督ぴろき賞のエコバッグに感極まるダッシュ三浦

                 

                メグミさんが2020オシャレ番長確定だ

                 

                間違って購入してしまったフルコート用の作戦ボードがケンさんの元へ

                 

                ついにバロンドーラーとなった齋藤

                娘を漫Pに差し出す条件を忘れるな

                 

                昨年のバロンドーラー堀内から、持ち回りのぴろきさん提供ジャケットが手渡される

                バロンドーラーの勲章のはずが、手放した堀内の顔に安堵感が満ちている

                 

                 

                 

                 

                 

                | 宮田陽 | よもやまばなし | 00:00 | comments(0) | - | - | - |
                始まり 〜12/29 ウルトラビギナー大会〜
                0
                  於:代々木フットサルコート

                  令和元年が、あっという間に終わりを告げようとしている。
                  そしていよいよやってくる東京オリンピック。
                  そのメイン会場となる新国立競技場のこけら落としとなるのが、元日の天皇杯決勝。
                  歴史的一戦でイニエスタが輝きビジャが有終の美を飾る、そんなシナリオが現実のものとなるか、アントラーズがシナリオをぶっ壊すか、今から興奮MAXだ。

                  前回の東京オリンピックのために造られた超カッコイイ建物が代々木体育館。
                  その代々木体育館の隣のフットサルコートで、漫Pの今年の蹴り納めとなるワンデー大会が行われた。
                  滝田さん中野さん、そして、ビジャにあらがうかのように先日の引退宣言をあっさり撤回した河野さん(K.N.S.P)の三人の強力助っ人を揃えた漫P。
                  ヴィッセル的な、なりふり構わぬ補強を敢行し勝負に出た。

                  結果はコチラ

                  若さと組織力で的確に走り回る相手に、急造感を残す漫Pは圧倒され、まさかの2連敗。
                  特に2試合目は9失点の惨敗。
                  堀江(ワッショイ)がサンドバッグのようにシュートを浴びまくり目から感情が消える。

                  そこに現れたプロフットサルコーチの三上さん
                  漫Pの守備の問題点を分かりやすく解析し正しい動きを指示してくれる。
                  すると、9失点した相手との再戦で、失点が半分以下の4に激減。
                  最終戦では、敗れはしたものの最少失点に押さえることが出来た。

                  三上さんのアドバイスで、フットサルとは何たるかをようやく理解した部員達。
                  それは、この一年で、いかに三上さんの教えを忘れてしまっていたかということだが、、、
                  とにかくこの日、ペリー三上の来航により漫Pに真の文明開化が訪れた。
                  2019年蹴り納めの日が、漫Pモダンフットサルの始まりの日となったのだ。
                  あとは、年をまたいだ瞬間、貴重な教えを忘れてるなんてことがないよう気をつける。
                  2020年の漫Pの進化に注目ください!

                  選手評
                  ダッシュ三浦(左利き) 色んな痛みに耐えて一年間走りきった!感動した!
                  齋藤(ホテルマン) 体調不良も強行出場!休養だ!
                  MVP 堀江(ワッショイ) 10秒間に5本のシュートを浴びるも全て阻止!4試合50本以上のシュート浴びるも20失点に押さえる!
                  栗本(2世代ターボ) 久々参加も不発!ケンさん不在をピッチ外のヤジでカバー!
                  滝田さん フリーキックで2得点!来季からの正式入部が内定!
                  中野さん オーバーヘッドシュート披露!初参加ながら来季からの正式入部が内定!
                  河野さん 引退宣言撤回し助っ人参加!漫P正式入部は拒否!


                  栗本が連れてきてくれたテクニシャンの中野さん(左)
                  栗本は完全に敏腕エージェントの顔つきに


                  2得点の滝田さんと不発の河野さん(左)
                  表情は逆だ


                  惨敗に虚ろなダッシュ三浦と20失点を暗示していた堀江(左)


                  愛娘のため体調不良でも頑張る父齋藤(左)とエージェント


                  懇切丁寧に説明してくれる三上さんと、10年間フットサルをよく理解していないままやっていたことに気づいた部員達


                  K.N.S.P.の石橋さんがカメラ持参で応援に駆けつけてくれる
                  カメラが立派過ぎてマスコミ関係の人と間違われる


                  三上さんのお陰でフットサルを理解し最高!最幸!になった皆んな
                  後列右は、応援に駆けつけ惨敗を見せられたK.N.S.P.
                  のリサさん
                  この後、河野さんがリサさんに説教されていた

                  今シーズン通算得失点差 マイナス78



                  | 宮田陽 | 大会 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  再会
                  0
                    先日、僕らが出演している公演に、元プロサッカー選手の小澤英明さんがお越しくださった!
                    いつも宮田陽・昇を応援してくださっている山口まりこさんに、私がサッカー好きということで紹介していただいたのが3年前。
                    興奮の初対面から時を経ての歓喜の再会!
                    久々の小澤さんは、相変わらずただ者ではないオーラを発しまくり、客席にいるのにスポットライトを浴びているかの如く目立っていた。

                    終演後は、フリーアナウンサーの梶間順子さんと山口さんと小澤さんの宴会に途中から参加させていただく。
                    アントラーズを皮切りに、Fマリノスやセレッソ、FC東京、アルビレックスでも腕を奮ったゴールキーパーの小澤さん。
                    特筆すべきは、ゴールキーパー王国のパラグアイのプロリーグに移籍し活躍したことだ。
                    だから私にとっての小澤さんは、パラグアイ国民にとってのチラベルトと同列なのだ。
                    そして、凄い経験をしてきた小澤さんの話は滅茶苦茶面白い。
                    アントラーズでの話、セレッソに移籍した時の話、そしてパラグアイでの話、、、
                    ここでは書かない。
                    自分だけの宝物にしたい話だから。
                    あと、書くとマズイ内容が含まれているから。

                    来年はどうにかして、小澤さんに漫Pのゴールマウスを守ってほしい。
                    だが、元プロの出場にクレームは必至か?
                    覆面レスラーのようにマスクをしてもらえば?
                    山本さん(役者)のマスクを着けてもらえば、敵も油断するから効果倍増だ!
                    妄想が膨らむ中、年は暮れていく。
                    小澤さん、ありがとうございました!
                    また会ってください。


                    お客さんが奏でる尺八の音が響き渡っていたベトナム料理屋さんでパラグアイの話に花が咲く。
                    異文化交流だ!

                    | 宮田陽 | よもやまばなし | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    引退
                    0
                      年内最後となるケイ・エヌ・システムプランニングさん(K.N.S.P.)の練習が錦糸町で行われ、私とダッシュ三浦(左利き)が参加させていただいた。
                      一昨日の台東区リーグでの4連戦で酷使され、灰になったダッシュ三浦がちゃんと動けるか不安だったが、プレーする度ハイになり、鬼のような強シュートを連発。
                      壁に囲まれアウトオブプレーのないクアトロコート(4vs4用コート)で、まさに2時間休みなく動ききったダッシュ三浦の目は、爛々と光っていた。
                      K.N.S.P.さんに導かれ、ダッシュ三浦はワンステージ上の男になれたと言える。


                      やり過ぎた結果、無垢な男の子のようにキラキラした目になったダッシュ三浦
                      毒が抜けたのか?

                      練習後、K.N.S.P.さんの忘年会にも交ぜていただいた。
                      そこで、チームの主力のカワノさんが、まさかの引退宣言!


                      写真後列左でピースサインをしているのがカワノさん

                      足の痛みが治らず引退を決意されたようだが、あまりにもったいない。
                      我々が関わらせていただくようになったここ3カ月程でも、目覚ましい成長を遂げていたカワノさん。
                      ファイタータイプだったのに、この日はヒールキックを駆使するテクニシャンにまで変貌していたくらいだ。
                      引退宣言に周りからは大ブーイング。
                      酒を飲ませ発言を撤回させようとし、ボロボロになってもやれと迫るも本人の意思は変わらず。

                      だが私は復帰を信じている。
                      サッカーが好きな人間が、そうそうあっさりサッカーから離れられるものではないから。
                      そして私の思い描くプランは、近い将来カワノさんが漫P部員として電撃復帰を果たすことだ。
                      バルサからレアルへの禁断の移籍を再現しようじゃないか!
                      カワノさんに向かって、K. N. S. P.側からブタの頭が投げ込まれる日が来ることを切望する。

                      カワノさん、ひとまずお疲れさまでした!


                      | 宮田陽 | 練習 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << March 2020 >>
                      + プロフィール
                      profilephoto
                      漫才協会フットサル部(漫チェスターP)の選手兼任監督。 夢はビギナー大会で優勝すること。 漫Pのチーム分析、成長(後退?)の道程を記していきます。
                      + PROFILE
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PR
                      + RECOMMEND